CAの風邪をひかないための「うがい」テクニック 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

CAの風邪をひかないための「うがい」テクニック 2/2

風邪の予防にうがいをするのは常識。CAに行った風邪に関するアンケートでもうがいにこだわっているという声が多く挙がりました。今回はそんなCAこだわりのうがいのテクニックを大公開します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q0664.jpg
CAの風邪をひかないための「うがい」テクニック

緑茶でうがいし、ウイルスを防ぐ

うがいは何でしていますか?と聞かれたら、水、と答える人がほとんどではないでしょうか。ところが、CAアンケートでは、そこにも工夫をしている人が多数みられました。

多かったのは、「緑茶」でうがいをする人。しっかり緑茶でうがいすることで、うがいだけでのどの痛みが取れることもあるそうです。緑茶に含まれているカテキンには抗ウイルス作用があるため、インフルエンザ予防にも効果があるとの声も聞かれました。

実際、喉がイガイガしてきたとき、機内で緑茶うがいをしているCAを多く見かけます。


塩水と酢でうがいし、殺菌効果アップ

塩水でうがい、酢でうがい、という人がいる中、「塩水と酢」の両方でうがいするのが効果あり、とのCA情報が。塩にも酢にも殺菌作用がありますので、ダブルの効果が得られるのでしょう。このうがいで、のどの痛みも治まるとの声も。

酢はどんな種類のものでもよいそうなので、りんご酢などを試してみてもよさそうですね。酢はたくさん入れるとうがいしづらいので、少量から試してみるのがおすすめです。


うがいは「まーおーまーおー」でのどの奥まで

うがいのときに出す声は「ガラガラ」が多いと思いますが、アンケートではこんな変わった回答も。

「まーおーまーおー」と言いながらうがいすると、喉の奥まで水が届くため効果がありオススメ!とのこと。実はこの、「のどの奥までしっかりと」うがいする、というのはCAが多く実践しているワザなのです。皆様もご自分だけの、のどの奥までしっかりと届く「うがいフレーズ」を見つけてみてはいかがでしょうか。


CAがこだわる、風邪をひかない「うがい」テクニックをお届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか。

皆様もお試しになり、今年の冬は風邪知らず!になっていただけることをお祈りしております。