どうしても仕事を休めないときのCAの緊急風邪対策Best5 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

どうしても仕事を休めないときのCAの緊急風邪対策Best5 1/2

風邪をひいてしまったけど、どうしても仕事を休めない。そんな経験は誰しも起こりえます。CA(客室乗務員)は外地では交代要員がいない場合もあり、風邪で休んでしまうと何百人ものお客様に迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。ここではそんなCAたちが行う風邪をひいてしまったときの緊急避難的な風邪対策Best5をアンケートをもとにご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q0183.jpg
どうしても仕事を休めないときのCAの緊急風邪対策Best5

絶対にフライトを断れないCAは、風邪のときどうやって仕事に行くの?

約8割がほぼ風邪知らずというCAに、風邪予防の習慣や風邪気味の時の対策をアンケートいたしました。

参照:【緊急アンケート】約8割が風邪知らず?!CAの風邪予防習慣Best5

参照:風邪気味かなと思った時のCA流対策Best5


しかし、日頃から風邪予防の習慣を取り入れ、風邪気味の時点で対策をとっても、本格的に風邪をひいてしまうことは誰しもあるはず。


風邪がひどくなってきて、のどが痛いし頭もぼーっとする。でも、今日の仕事は休むわけにはいかない。そんな経験、皆様にもありますよね。

CAはフライトで外国に滞在中に体調を崩しても、帰りのフライトはなんとしてでも乗務しないといけません。日本なら交代要員がいるのですが、外国ではそれは無理な話。同僚たちにマイナス1の人員で仕事をさせるわけにはいきません。

体調不良をなんとか改善して仕事をこなすワザBest5を、CAへのアンケート結果をもとに皆様にお伝えします。


第1位:発熱効果のあるインナーとしょうがで体をあたためる

冷えは風邪の大敵。CAも例外ではありません。発熱効果のあるインナーを着こむだけでなく、タートルネックの服を着る、腹巻をするという声も多数。ミニ湯たんぽを持参するというCAも。


CAの制服はスカーフを着用しますが、風邪ひきCAはスカーフの巻き方に工夫をします。スカーフの巻き方のバリエーションは、ブラウスの襟の下を通す巻き方もありますが、首に直接巻く方法も。この巻き方だとのどに直接巻くため、のどを温めることができます。スカーフのある制服着用のCAならではのワザですね。


また、身体を温めるしょうがやねぎなどを食べて体温を上げ免疫力を高めたり、しょうが紅茶などを水筒に入れて持ち歩き飲んだりしているCAも。外から内から身体を温めるアイテムを上手に活用しています。


第2位:最後に頼るものは、柔らかティッシュと点鼻薬

CAの職場である飛行機の中は、風邪気味の人にとってはとてもつらい環境です。離陸、降下の際に気圧が変化するのですが、これにより、航空性中耳炎を引き起こす場合があるのです。風邪気味で飛行機に乗り、耳がなかなか抜けなかったり、痛みを感じたりしたことのある方もいるのではないでしょうか。


CAにとって航空性中耳炎は天敵。一度なってしまうと完治するまでは数日間はフライト出来ないのです。国内線のような離着陸の回数が多い路線では、毎回の降下が地獄のような辛さ。鼻が詰まっていると耳も詰まりやすいので、鼻をこまめにかむようになります。そのため、肌を傷めないような柔らかティッシュと点鼻薬はCAの必須アイテムなのです。


第3位:マスク・のどスプレー・のど飴は三種の神器

マスクは風邪をうつさない、うつされないという理由だけでなく、乾燥を防ぐためにも役立ちます。通勤中だけでなく、マスクを出来る場面ではなるべくマスクをして、のどを乾燥させないようにするのがCA流。


さらにのどが痛い!と思ったらなるべく早い段階からのどスプレーを使用して、症状が悪化しないようにするのが決め手。

のど飴も携帯し、とにかくのどを大事にするのが風邪を悪化させない秘訣のようです。

次のページ:風邪でも仕事をこなすための、大事な「○○」とは?