雨嫌いだった元CAによる梅雨を楽しく乗り切るちょっとした工夫 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

雨嫌いだった元CAによる梅雨を楽しく乗り切るちょっとした工夫 2/2

雨の日や曇りの日は気分が落ち込むようなことはありませんか?
憂鬱な気分になりがちな梅雨を楽しく乗り越えるちょっとした工夫を伝授いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q0677.jpg
雨嫌いだった元CAによる梅雨を楽しく乗り切るちょっとした工夫

「いつもと違う」で雨を楽しむ

先ほど髪の毛にはストレートパーマをおすすめしましたが、それ以外にも雨の日は髪をアレンジしてみたり、いつもと違うアイシャドウにしてみたり、いつもよりアイラインをしっかり描いてみたり、アクセサリーを多めにつけてみたり、、、些細なことですがいつもと違うことにチャレンジしてみるとたちまち雨が楽しくなります。


私がよくしているのは、「雨の日は明るい色の洋服を着る」ということ。

お気に入りのオレンジやショッキングピンクのトップスやイエローのパンツをここぞとばかりに雨の日に着てひそかに楽しんでいます。

晴天の日に着ると少し恥ずかしいくらいの明るい色もどんよりとした雨の日には気分がぱっと華やいで明るい気分にさせてくれます。


雨を受け入れる

「好きになる」とまではいかなくてもまずは一度受け入れてみましょう。

「雨は天と地をつなぐ唯一のもの」という言葉。

これを聞いて以来、苦手でうっとうしだけの存在だった雨がとても神秘的なものに思えてきたんです。

ものは考えようですね。


つかの間の晴れ間を見逃さない

分厚い雲から一瞬だけ見える太陽の光を見逃さないようにしましょう。

そのタイミングで外を歩いたり、外に出なくてもカーテンを開けるだけでも大丈夫です。

太陽の光を浴びることで、体内時計を整え睡眠の質を向上させる効果があります。

また気分もリセットしてくれるので極力空を見上げて太陽が出ているときはなるべくたっぷりと光を浴びることを意識してみてください。




雨の日に気分が簡単に下がってしまうように、ちょっとした工夫や考え方を変えるだけで気分は簡単にあげることができます。

雨をあまりマイナスに捉えず、少しでも楽しみながらゆっくり乗り越えていってくださいね。