忙しいCAが実践!衣替えを楽しく、ささっとする方法 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

忙しいCAが実践!衣替えを楽しく、ささっとする方法

季節の移り変わりのある日本では衣替えは必須ですよね。この時期、まだ冬物をしまっていない方も多いのでは?
面倒な衣替えを楽しく、ささっとする方法を伝授します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q1962.jpg
忙しいCAが実践!衣替えを楽しく、ささっとする方法

捨てる?捨てない?迷ったときの判断基準


衣替えや片づけの最中に捨てようか捨てまいか迷って手が止まってしまうことはありませんか?

迷った挙句そのまま保管している方も多いはず。


そういうときの判断基準は

「いま着たいか?」

「いま必要か?」

ということ。


流行ものの洋服などは「また流行がもどるかもしれないから」などと取っておいてしまいがちですよね。

実はそれがいちばん危険なんです。


そういうときは前述の判断基準にそって「いまこれを着たいか」自問してみてください。

流行が終わっているものなのでおそらくNOという答えになると思います。


そうなったら少し名残惜しいですがきっぱりと捨ててしまいましょう。


「流行がもどるときまで待つ」という方もいらっしゃいますが、戻ったときには不思議とまた違うものがほしくなっているんです。無ければ無いで意外と困らないんですよ。



クローゼットデトックス

私は衣替えのたびにクローゼット内をデトックスして少しずつ捨てています。


年齢に合った服、そのときの自分に似合わない色使いやデザインの服、着回しのしづらい服など、さきほどの判断基準に合わせて鏡の前で自問自答しながら、なるべく捨てるようにしています。


ぎゅうぎゅうに詰め込まれたクローゼットでは洋服もかわいそうですし、なにより自分自身が気持ちよく選べないですよね。


デトックスをするとクローゼット内だけでなく、心もすっきりして晴れやかな気分になります。


また一着一着へ感謝の気持ちや愛着が芽生えるんです。


衣替えもたのしくなりますよ。

ぜひ試してみてください。