オーストラリアのワイルドライフの楽しみ方〜釣りVol.1〜 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

オーストラリアのワイルドライフの楽しみ方〜釣りVol.1〜 2/2

オーストラリアにはこの土地ならではのワイルドライフを楽しめるアクティビティが沢山あります。 今回は、日本ではなかなか経験出来ないオーストラリアの「釣り」についてご紹介致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
751.JPG
オーストラリアのワイルドライフの楽しみ方〜釣りVol.1〜

気合いを入れて大海原へ!


当日は朝5時半から釣りを開始します。


オーストラリアで大物を釣りたいならHarvey Bay


ワ、ワニ!?

船乗り場にはこのような看板も。絶対に遭遇したくないですね!



いつもお世話になるのは、Andrew。


地元では有名らしく、クーラーボックスいっぱいの魚を釣って、ある釣り具屋さんに行ったら、店員さんに「Andrew と行ったの?これだけ大漁なら、誰と行ったかすぐ分かるさ!」と言われました。


1日ボートをチャーターして AUS$500。日本円にして約5万円弱です。


結構良いお値段ですが、人気なので予約を取るのが大変なほど。


4人乗りの彼のボートでスポットまで連れて行ってもらいます。



天気にもよりますが、朝の海は本当に静かで美しい!


シルクの上を走っているかのようです。


Fraser Islandは世界最大の砂の島。


長さ123km、平均幅15km(最大幅22km)の細長い形をしているので、外海からの波を食い止めてくれます。


普段は船酔いをする私も波がないので、大丈夫!


Fraser Islandは世界最大の砂の島


スポットに到着するまで朝日やFraser Islandを眺めながら、ウミガメやイルカの群れ、季節によってはクジラを見る事も出来ます。


朝日やFraser Islandを眺めながら、ウミガメやイルカの群れ、季節によってはクジラを見る事も出来ます


そして、Andrewが魚の群れを発見。


獲物との格闘が始まります!


鳥が群がっている所は海面に小魚の群れがいます


これは私のような初心者でも分かりやすいサイン!


このように鳥が群がっている所は海面に小魚の群れがいます。それを狙って、大きな魚も集まってくるのです!


さて、何が釣れるのか!?


次回の記事も是非ご覧下さい!