お土産にも最適!CAがオススメするヨーロッパで出会った調味料 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

お土産にも最適!CAがオススメするヨーロッパで出会った調味料 1/2

CAのステイ先での楽しみのひとつと言えば、ショッピング!洋服や食器、雑貨もいいけれど、今回は調味料を特集します。世界のスーパーマーケットは、料理のバリエーションを増やすアイディアの宝庫。旅先のお買い物の参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
112.jpg
お土産にも最適!CAがオススメするヨーロッパで出会った調味料

旅をしたらスーパーマーケット巡りは必須!

CAにとって、海外ステイの一つの楽しみはスーパーマーケット巡り。

日本では出会えない調味料や、日本では効果で手に入りにくい調味料などと巡り合える大チャンスです。

今回は、世界のスーパーマーケットを知るCAが「買ってよかった!」と思う調味料を厳選してご紹介いたします。

特に、ヨーロッパに行ったら是非手に入れたい調味料をピックアップ。

友人へのお土産にも喜ばれ、お料理のレベルをぐっと引き上げてくれるアイテムが勢揃いです。 




素材の味を最大限引き出してくれる優れもの!CAMARGUEの塩 

CAMARGUEの塩


こちらの塩、ご存知の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

CAMARGUEは、フランスの著名な自然海塩の1つです。

日本でも購入可能ですが、日本で買うととても高い!

有名な商品なので比較的どこのスーパーでも見つけやすいはず。

私はパリのMonoprixというスーパーで購入しました。

地中海の海水を塩田に引き、最初に塩田の表面に現れるべルルドセルはなかでも高級品とされ、その繊細な結晶は料理の味を引き立ててくれます。

アボカドをCAMARGUEの塩とオリーブオイルでいただけば、これだけで美味しい一品

コルクの蓋もお洒落で、キッチンに置いてあるだけで嬉しくなってしまいますね。

少し口に含んでみると、まろやかな旨みを感じることができます。

お肉やお魚の仕上げに大活躍!

またアボカドをCAMARGUEの塩とオリーブオイルでいただけば、これだけで美味しい一品になります。




お料理のマンネリを防ぐ贅沢なトリュフ

パリのマドレーヌ寺院横に店を構えるトリュフ専門店 MAISON DE LA TRUFFE

世界3大珍味といわれ、グルメも憧れる食材「トリュフ」。

とは言え、トリュフを使って料理を作るというのはコストがかかるしハードルも高いですね。

そんな悩みは調味料で解決!

これさえあれば手軽に、贅沢気分を満喫することができるのです。

今回ご紹介するのは、パリのマドレーヌ寺院横に店を構えるトリュフ専門店 MAISON DE LA TRUFFE。

こちらでは、おいしい食事が楽しめるほか、トリュフをふんだんに使った調味料をその場で購入することができます。

トリュフオイル

まずお勧めしたいのがトリュフオイル。

日本でもトリュフ風味のオリーブオイルは販売されていますが、実はそのほとんどが“香料”によるもの。

しかし、こちらのトリュフ入りオリーブオイルは、生のトリュフがそのまま入っていて、風味も本格的なのです。

バゲットにつけて食べるだけでも十分美味しいですし、もちろんリゾットやパスタとの相性も抜群です。

サラダにひと振りすれば、贅沢なドレッシングにもなります。


ゴルゴンゾーラチーズにトリュフハニーを添えて。たったこれだけでオシャレなアミューズの完成です

続いてご紹介するのは”はちみつ”です。

写真では見えませんが、はちみつの中にもコロンとトリュフが入っているのです。

蓋を開けると風味豊かなトリュフの香りと甘いハニーの香りが広がります。

ゴルゴンゾーラチーズにトリュフハニーを添えるだけでオシャレなアミューズの完成です。

キリッと冷えたシャンパーニュとの相性の良さは言うまでもありません。


次ページ:ドイツで発見!絶品バルサミコ酢