和室でも慌てない!元CAが教える和室でのお食事・お酒のマナー 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

和室でも慌てない!元CAが教える和室でのお食事・お酒のマナー 2/2

日本人として知っておきたい、和室の立ち居振る舞い。3つのポイントさえ知れば、和スタイルのお食事会でもおもてなしの心を美しく魅せることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3755.jpeg
和室でも慌てない!元CAが教える和室でのお食事・お酒のマナー

Point 2: お席に進むときについつい...


畳の上を歩くとき、つい畳のヘリを踏んでしまっていませんか?


ヘリを踏んでしまうのはタブーとされていますが、その理由としては「傷んでしまうから」「ご先祖様など精神的な結界をあらわしているから」だそうです。

ちなみに私は家が代々武家だったこともあり、幼いころは「ヘリの間(下)から刀で突かれないように」という理由づけを聞かされていたので、なんだか子供心に恐ろしく感じていました。


意外と無意識のうちに踏んでしまっている人が多いので、ちゃんとできていると「教養のある人」という印象を与えることができるかもしれません。



Point 3: お酒をそそぐ時、いただく時


お酒を注ぐ時はビールでも、日本酒でも必ずラベルが上(天井)に向くようにします。

そして手で隠してしまわないように気をつけましょう。

このちょっとした気遣いができると、相手は「おっ」と思ってくれるはず。


そして左手はそっと手添えしましょう。

このとき、指の間が開いてしまわないように気をつけると、さらに美しく見えます。



最近はワインのようなきれいなボトルに詰められた日本酒や、ワイングラスやカクテルグラスなど酒器を変えて日本酒を楽しむなど、「日本酒文化」が多種多様に変わってきています                  



最近はワインのようなきれいなボトルに詰められた日本酒や、ワイングラスやカクテルグラスなど酒器を変えて日本酒を楽しむなど、「日本酒文化」が多種多様に変わってきています。


和のしつらえで、だしなどの繊細なお味のする和食を引き立たせる日本酒を楽しむ。そしてその空間を楽しむ。

そんな贅沢な時間を過ごしてみませんか。


これでいつ和室のお食事に誘われても、怖くないどころか、楽しめちゃいますね!