【CA→レシピ開発・コラム執筆】家庭と仕事を両立!~CAの転職&セカンドキャリア体験談vol.2~ | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

【CA→レシピ開発・コラム執筆】家庭と仕事を両立!~CAの転職&セカンドキャリア体験談vol.2~ 1/3

結婚や出産を意識すると、女性は特に自分自身の社会との関わりと家庭との両立に頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか?CAは家を留守にする機会も多い少し特殊な職業です。転職やセカンドキャリアにつて考えていらっしゃる皆様が前向きになれるような体験談をお伝えできましたら幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4210.jpg
【CA→レシピ開発・コラム執筆】家庭と仕事を両立!~CAの転職&セカンドキャリア体験談vol.2~

【第2回】「CAの転職&セカンドキャリア体験談」


「今までのキャリアを活かして違う仕事をしてみたい」

「子供を産んでからも自分のペースで続けられる仕事を見つけたい」

「好きなことを活かしてマイペースに起業したい」


そんな風に思っていている女性も多いのではないでしょうか。


でも実際に行動に移そうとすると「何がやりたいのか分からない」、「自分のスキルやキャリアをどう活かしていけばよいか分からない」など数々の悩み出てくるもの。特にCA(客室乗務員)は一般的に「潰しがきかない」と言われている職業ですが、そのキャリアや自分の趣味や特性を活かして輝かしいセカンドキャリアを手に入れている人もたくさんいます。

ここでは転職をお考えのあなたへ、「CAの転職&セカンドキャリア体験談」として生の声をお伝えして参ります。

CAの方もそうでない方も参考にしていただけたら幸いです。



第2回:西岡麻央

航空会社:全日本空輸 (2010年〜2014年)

国内線/国際線:国内線・国際線

現在の職業職種:レシピ提案、レシピコラム執筆



仕事を初めて感じるようになった健康のこと、美容のこと。


客室乗務員という仕事を始めてガラリと変わったのは食生活ではないでしょうか。

毎日のように冷たいお弁当を食べ、国際線乗務時には深夜にも関わらず機内食を急いでお腹に入れるような生活が続きます。

そんな生活を続ける中で風邪を引きやすくなったり、肌が荒れやすくなったりと少しずつ身体の変化を感じるようになりました。


せめて休みの日は、身体を労った食事がしたいと思うようになり、その頃から自宅で積極的に料理をするようになり、身体を作り上げる食事に強く興味を持つようになったのです。


次のページ:憧れのライフスタイル&結婚による転機