ちょっとしたポイントで潤い復活!機内での髪の毛のパサパサ対策のコツ | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

ちょっとしたポイントで潤い復活!機内での髪の毛のパサパサ対策のコツ 1/2

乾燥する機内では素髪はNG?!トリートメントをただ塗るだけではもったいない?意外と見落としがちな機内でのヘアケアのポイントを伝授いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
433.jpg
ちょっとしたポイントで潤い復活!機内での髪の毛のパサパサ対策のコツ

「飛行機に乗るだけで疲れてしまう」という悩みを解決すべくお届けしている、機内を快適に過ごすコツシリーズ。


毎回テーマ別に客室乗務員(キャビンアテンダント)も実践する様々なテクニックをご紹介していきます。今回は意外と見落としがちな機内での髪の毛の乾燥対策についてお伝えいたします。



機内では素髪はNG?!


お肌の乾燥対策は色々工夫されている方も多いですが、髪の毛は意外と見落とされがち。乾燥した機内ではお肌と同様、髪の毛の水分もどんどん蒸発し奪われていきます。そのため乾燥してあほ毛が目立ってしまったり、静電気が起きてしまったりするのです。


国際線のキャビンアテンダントとしてフライトしていた時代、髪の毛の乾燥について美容師さんに相談したところ「機内ではワックスなどのスタイリング剤でも良いから何か髪につけていたほうがいい」とのアドバイスを受けました。何もつけていない素髪の状態だと髪がどんどん乾燥していってしまうからとのこと。


もちろんヘアクリームやヘアオイルなどのトリートメント効果のあるものの方が効果的ですが、フライト中髪の毛をまとめていなければならないキャビンアテンダントの場合は機内でトリートメントをつけることが難しいもの。そんなときはスタイリング剤でもつけないよりはずっと乾燥対策に効果的とのことです。



ヘアトリートメントの前のひと手間が大切!