スタイルキープも仕事!CAも実践する食べても太りにくい3つのコツ | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

スタイルキープも仕事!CAも実践する食べても太りにくい3つのコツ 1/2

制服のサイズに合わせて自分のスタイルをキープするのも、CAの大事な仕事の一つ。とは言え、CAは基本的に食べることが大好き!そんなCAたちも実践する、食べても太りにくいコツをご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7844.jpg
スタイルキープも仕事!CAも実践する食べても太りにくい3つのコツ

スタイルキープはCAの仕事

CAの制服は、一度貸与されると基本的にはサイズの変更はできません。

そのため、スタイルキープもCAの仕事の一つと言えます。

しかし、美味しいものは食べたいし、我慢はなるべくならしたくないですよね。

長時間のフライト後の楽しみは、ステイ先でのみんなでの美味しい食事!というCAもたくさんいます。

そんなCA達も実践している食べても太らないコツをご紹介いたします。




スタイルキープの敵はストレス

ダイエットに挑戦しては続かない……という経験は誰にでもあると思います。

ダイエット中だからスイーツを食べてはいけない、ダイエット中だから野菜を食べなきゃ!太らないためにラーメンは控えなくては!

そういう「~しなくてはいけない」という気持ちが一番の敵です。

誰でも制限されればイヤになるもの。



CAの中でも特にスタイルキープが上手な人の共通点は、「食べたいものを食べる」こと。

CAはお肉大好き!お酒大好き!甘いものも大好き!という人がとても多いのですが、みんななぜかスタイルはキープできています。

スタイルキープの秘訣を聞いて、返ってくる答えで一番多いのが、「ストレスをためずに、基本的には食べたいものを食べること。

まずは、「~しなくてはいけない」という気持ちを、「~のために」に切り替えて、自分が美味しいと思えるものを食べる生活にすることが大切です。

もちろん栄養バランスを考えることも大切ですね。




食べる量は寝る時間から逆算

CAはフライトによって毎月のスケジュールが変わってくるので、生活は不規則になりがち。

朝3時起きでフライトに行く時もあれば、深夜出発のフライトに行く時もあります。

時差もあるので、日本時間で考えると、寝る時間、食べる時間は、その日その日によって違います。

日本時間深夜なのに、ステイ先でステーキを食べるなんてこともしばしば。

そんな不規則な生活をしていても太らないコツは、食べる量は寝る時間から逆算してコントロールすることです。




ポイントは自分が寝る時間

CAは、スケジュールを考える時、翌日の起きる時間から逆算して、寝る時間を決めます。

そこから更に食べる時間を逆算。

もちろん、寝る前の食事が一番体に蓄積されます。

なので、食事から睡眠まであまり時間がないな、と思う時は軽めの食事を心がけます。

食事から睡眠までまだまだ活動できる!という時はたくさん食べても消費できますね。

人の常識の時間ではなく、あくまで【自分が寝る時間】に焦点を置くことがポイントです。

次のページ:常温のお水で体内をスムーズに流す