CAがキレイに見えるには秘密があった!?誰でもできる美を作る方法 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

CAがキレイに見えるには秘密があった!?誰でもできる美を作る方法 1/2

立っていても、座っていても、歩いていても、キレイに見えるCA。それには、共通して秘密があります。その秘密をこっそりお教えしますので、美を作る方法をぜひご自分のものにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q1361.jpg
CAがキレイに見えるには秘密があった!?誰でもできる美を作る方法

実はCAはキレイに"見える"だけ!?

立っていても、座っていても、歩いていても、CAはとてもキレイに見えます。

ポイントは、そう「見える」こと。

よく観察してみてください。

実は、全員が全員「美人=キレイ」なわけではなく、キレイに「見える」のです。


なので、「私はキレイではないから……」と、CAになりたい夢を諦めないでください。

もちろんCA志望ではなくても、綺麗に「見える」秘訣を知りたくありませんか?

今日はこっそりとお教えします!




凛とした立ち姿

CAに共通することは、とにかく姿勢が良いこと。

特に、立ち姿の美しさは訓練でもしっかり叩き込まれ、その後の乗務生活においても日々身体に染み込ませています。

CAのような立ち姿を手に入れるのに必要なポイントがいくつかあります。

まず、背中に真っ直ぐな棒を入れられて、頭の上を糸で引っ張られているような気持ちで。

肩の力は抜いて、胸を張って。


どの角度が自分が一番美しく見えるのか、細く見えるのか、CAは自分で知っています。

写真撮影をお願いされたら、絶対にキレイに見える位置へ自然に移動!




華のある座り姿

立ち姿勢も良ければ、座った姿も姿勢が良いのがCA。

猫背なんてもってのほかです。

ジャンプシート(機内のCAの席)に座る時はお客さまと向かい合うこともあります。

そのため、座り姿も常に見られていることを意識しています。

膝頭はぴったりくっつけて、足は左右どちらかに流した方が、長く優雅に見えます。

足が細く見えるよう、毎日のむくみを取るマッサージも怠りません。




颯爽とした歩き姿

CAが空港を颯爽と歩く姿、すぐに想像できますね。

CAの歩き方を、ぜひよく思い出してみてください。

ポイントは、大股で、少しだけガニ股で。

「颯爽と」という言葉が似合うように、少し早めに、けれどゆったりとした歩調で。

空港でも機内でも、絶対に走りません。


次のページ:気づかれなくても細部までCAが気を付けていることは?