旅がもっと楽しくなる!日本人なら知っておきたい御朱印の魅力 (4/4ページ) | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

旅がもっと楽しくなる!日本人なら知っておきたい御朱印の魅力 (4/4ページ)

矢野 亜希子

みなさん「御朱印(ごしゅいん)」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?日本人なら知っておきたい御朱印のこと、各地の有名寺社の御朱印をご紹介します。御朱印集めを始めれば、旅がもっと楽しくなる&ご利益がアップするかも!?

CAの間では有名!?空港近くの穴守稲荷神社



ここまで有名どころを紹介してきましたが、ここで変わり種をご紹介。

CAの中では愛着を持っている人も多いのではないでしょうか。羽田空港の少し手前にある「穴守稲荷」駅から徒歩10分程のところにある、穴守稲荷神社の御朱印です。何を隠そう、私も現役の頃は穴守稲荷に住んでいて、ここが氏神さまでした。


「東京羽田鎮座」という文字がなんだか新鮮です。



いかがでしたか?寺社ごとに味があって趣きの違う御朱印、素敵だと思いませんか?

個人的には、字が読めないくらい達筆でダイナミックに書かれたものが、かっこよくて好みです。

日本人であれば、初詣以外にも旅先でお寺や神社を訪れる機会はいくらかあるのではないでしょうか。お参りの度に御朱印を頂くことで、しっかりと気持ちを込めてお参りをしたという認識にもなりますし、ご利益を持ち帰れるのも嬉しいですね。後で見返して思い出を辿るのも楽しいです。


外国人の方と一緒にお参りに行った際には、「クール!!」と目を丸くされます。力強い文字と個性のある印、それをサラサラと一瞬で仕上げてくれる巫女さんの手元にも大注目です。ぜひ次にお寺や神社にお参りした際には、あなたも御朱印をいただいてみてくださいね!

矢野 亜希子

こんにちは! 元CA、現在IT関係の会社代表をしている矢野亜希子です。 大学生の頃からフランスが好きすぎて、パリに2年住んだ後は、東京のプチ・フランスとよばれる神楽坂近くに住んでいます。現役の頃は、長期休みはほとんどパリで過ごしていました。何事にも自分の意見を持ち 、まっすぐ生きるフランス人。女性がしっかり活躍できるフランスという国、その深い文化が大好き。もう10年近く、フランスには毎年訪れています。CAメディアでは、特にフランスについて、パリジェンヌの生き方について、日本で感じられるフランスの魅力についてなどを書いていきたいなと思っています。 CAとしての乗務の経験は2年半。国内線のみでしたが、現役の頃に得た「旅が好き」という気持ち、機内でお客様と心を通わせて聞いた意見、オフに気軽に世界各地を飛び回った経験などが、今の自分のあり方に大きく繋がっています。これまでに訪れた国は23カ国。現在は起業し、旅そのものや世界各地の魅力を伝えられたらと、あたらしい旅先の過ごし方を見つけられるWebサービス「TABITICKET」を運営しています。時々、フランス語通訳としても活動。ライフイベントやプライベートも大切にしながら、好きなことで輝ける「女性らしい働き方」を模索中なので、そういった発信もできれば幸いです。 趣味は旅と写真と、ものづくり。家にいる時間は、なるべくクリエイティブでいようと心がけています。たくさんの人にフランスの魅力、旅のおもしろさなどをお伝えできれば嬉しいです。よろしくお願いいたします。

SCROLL