シャワーの水にもこだわる時代に!一般家庭向け軟水シャワーヘッドが登場 | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

シャワーの水にもこだわる時代に!一般家庭向け軟水シャワーヘッドが登場

清水 裕美子

一般家庭・施設向けの軟水シャワーヘッド「WATERCOUTURE PURE SHOWER」が登場。水が髪や肌にもたらす影響と軟水で髪を洗うメリット、そして「WATERCOUTURE PURE SHOWER」の特徴をご紹介いたします。

クリンスイから一般家庭向け軟水シャワーヘッドが登場

世界で初めて家庭用浄水器を発売したクリンスイから、その浄水技術を活かした一般家庭・施設向けの軟水シャワーヘッド「WATERCOUTURE PURE SHOWER」が登場。


WATERCOUTURE(ウォータークチュール)とはフランス語で高級仕立服という意味を持つオートクチュール(haute couture)と、水(water)からの造語。


水を服とも捉えた、水への想いが込められています。


海外に行くと髪がキシキシするのはなぜ?

旅先(特にヨーロッパ方面)でシャワーを浴びた際に、髪の毛がキシキシしたりシャンプーが泡立たなかったりしたという経験はありませんか。


その原因は水の硬度にあります。

ミネラル成分が多く溶け込んでいる硬度の高い水は、ミネラル分が肌や髪に残ってきしみの原因になってしまったり、泡立ちが悪くなってしまったりするのです。


一方、ミネラル分の少ない軟水には、髪や肌が持つ本来の美しさを引き出す力があると言われています。


「WATERCOUTURE PURE SHOWER」は髪や肌に残りがちなカルシウムイオンやマグネシウムイオンを低減し、水道水を軟水化。さらに残留塩素を除去し、髪と肌に優しい水を目指します。



軟水で髪を洗うメリット

それでは、軟水で髪を洗うと、どのようなメリットがあるのでしょうか。


軟水は毛穴の奥まで洗えるため、予洗いの段階で頭皮の皮脂が落ち、シャンプー剤の使用量が約半分で済むと言われています。

さらにミネラル分が少ないため泡立ち、そして泡の落ちも良くなるそう。


洗い上がりの髪はツヤ感やまとまり感が高まったという実験結果も出ているので、シャンプーやトリートメントにこだわるのなら、水にもこだわるのが得策かもしれません。


WATERCOUTURE PURE SHOWERの特徴 

シャワーヘッドは女性でも持ちやすいような設計になっていて、シャワーヘッドをカチッと回して簡単にカートリッジを取り外しできるので、使いやすさの面でも優秀です。


シャワーヘッドの穴の大きさは約0.3mm、数はなんと296個も!

きめ細かいシャワーで、まさに服をまとうように全身を柔らかく包み込んでくれます。



美容院クオリティーを自宅でキープ

美容・健康に気を遣っている女性や、キッチンには浄水器を取り入れている方でも、シャワーヘッドというのは盲点だったという方も多いのでは?


髪が傷んでしまったら美容院に行けば何とかなると考えがちですが、傷んでマイナスになってしまっている髪は、美容院でもゼロに近づけるだけで精一杯だと言います。逆に自宅ケアで美容院帰りのクオリティーを保ってくれていれば、次回はさらに色々な提案ができるとのこと!


バスタイムの軟水シャワーが、新しい形のホームケアになりそうですね。


WATERCOUTURE PURE SHOWER

http://www.watercouture.com/

SCROLL