コロナ婚・オンライン婚活が加速!?アフターコロナの婚活市場を4度の結婚歴がある元CAが予測 | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

コロナ婚・オンライン婚活が加速!?アフターコロナの婚活市場を4度の結婚歴がある元CAが予測

コロナショックで理想の結婚観や夫婦像にも変化が?これからの理想の夫婦像は?オンラインお見合いはメリットづくし?4度の結婚歴がある筆者が、アフターコロナの結婚観の変化と婚活傾向などを予測してお伝えします。

コロナで婚活・結婚はどう変わる?

これまでの私達の価値観や生活様式を大きく揺るがすこととなった新型コロナウィルス。


人との接触が制限されたり、生命の危機をも感じる状況のなかで、知らず知らずのうちにこれまでの固定観念がリセットされた方も多いのではないでしょうか。


それに伴い、理想の結婚や夫婦像も変化しているように感じられます。


あなたが結婚相手に求めるのは、どんなことですか?


4度の結婚歴がある筆者が、アフターコロナの結婚観の変化と婚活傾向などを予測してお伝えします。



お金持ちとの結婚、それって重要?



10年ほど前までは、年収1千万円以上の男性と結婚を望む女性が多かったようです。景気の後退にともない、希望年収は徐々に下がってきましたが、コロナショックでさらに条件が緩くなるかもしれません。


今回のコロナショックで、「命・健康・家族」にあらためて大きな価値を見出したならば、収入はその3つを維持するのに必要な金額であればよいことになります。


お金があってもマスクが買えない時代。「ならば洗って再利用しよう」、「布で手作りしてみよう」など、希望を失わないメンタルの強さ、サバイバル能力の高い人間が、困難な状況下でリーダーとなります。


そんな男性の姿は女性の目に頼もしく、魅力的に映るのではないでしょうか。当然のことですが、お金を稼ぐ能力だけが男性の価値ではないのです。



同等に支え合う夫婦は、生きぬくための同志

コロナショックで経済的な不安が高まっています。観光や外食など特定の産業は、特に大きな打撃を受けました。


レストランを何軒も経営し羽振りのよかった夫が、一転して多額の負債を抱えることもあり得ます。専業主婦をしてきた妻が就職先を見つけるのは、簡単なことではありません。



たくさんの女性が憧れる、「高収入の夫と専業主婦」という組み合わせは、意外とリスクが高いことに気づきます。


残業の少ない居心地のよい職場で、収入はそこそこでも共働きの夫婦というのが、精神的にも経済的にもリスクの少ない理想形に思えてくるのは私だけはないはずです。


できれば、夫婦が共倒れするリスクの低い異業種で、片方がリモートワーク可能だと、子育てにおいても好都合ではないでしょうか。




トライ&エラーで、じっくりと婚活を

女性が男性に高収入を期待しなくなれば、これまで経済的な理由で結婚に二の足を踏んでいた男性たちも、結婚に興味をもつようになるかもしれません。


ひと言も口をきかないで一日が終わるという寂しさ、使われない表情筋が退化してゆく恐怖……。コロナ謹慎中は、人恋しさが募るものです。ひとりでも家族がいれば、どんなに心強いことでしょう。


私の経験から申し上げますと、結婚はよいものです。ひとり暮らしの気ままな生活は楽でしたが、何にも縛られない自由には、常に心細さがつきまといました。


1度や2度、離婚経験があっても大丈夫です。私は3回も離婚してしまい、当時はさすがに、自分自身に欠陥があるのではと悩みました。


あきらめて仕事に没頭していたころ、4度目の結婚をしました。これまでの相手は同世代ばかりでしたが、今回はいわゆる歳の差婚で、写真の夫は21歳年上です。ようやく私にとって、「しっくりくる」相手と巡り合い、穏やかな結婚生活を送っています。


どんなときも無条件で味方になってくれる人が傍にいるというのは、本当によいものです。誰かに頼ったからといって、あなたの価値が下がるわけではありません。




次のページ:対面より成功率が高い!? オンライン婚活のメリット

SCROLL