ミシュラン一つ星、六本木の名店「なかむら」 (2/3ページ) | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

ミシュラン一つ星、六本木の名店「なかむら」 (2/3ページ)

kico

一度は訪れてみたい、そう思ったきっかけは、もちろんミシュランの星を取得されているお寿司屋さんに興味を持ったから。大切な人の大切な日のお祝いにもおすすめ。

コース料理を注文〜器へのこだわり〜


お任せコースは、まずは、つまみがスタートします。蛤のお吸い物は、お出汁がしっかりきいていて、ほかには何も加えられていない、優しいお出汁。そこから、蒸しアワビ、牡蠣、ワカメ、クエなどが続きます。どれも、とても美味しい。思わずため息が出てしまう美味しさです。 驚いたのは、器のセンス。こちらの牡蠣の器、ロイヤルコペンハーゲンなのです。



お鮨屋さんなのに、洋食器をうまく取り入れているところが、私的にとてもお気に入り。伝統を大事にしながらも、良い要素は上手に取り入れる、大将のセンスに感銘を受けました。そして、ロイヤルコペンハーゲンと和食ってすごく合うんだな、と言う新しい発見も嬉しい。お茶の湯のみもロイヤルコペンハーゲンでした。鳥獣戯画の器も素敵だなと思いました。



そして頃合い良く握りへ。 


次ページ:握り寿司:提供方法へのこだわり

SCROLL