CAも一度は着てみたい!と憧れる航空会社の制服トップ5<前編> (2/2ページ) | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

CAも一度は着てみたい!と憧れる航空会社の制服トップ5<前編> (2/2ページ)

CA Media編集部

飛行機に乗る際の楽しみの一つと言えば客室乗務員の制服姿!なんていう方も多いのではないでしょうか? 今回は現役・元客室乗務員が今でも一度は着てみたい!と憧れる航空会社の制服トップ5をご紹介いたします。



第2位:空飛ぶエレガンス、エールフランス航空


1位のシンガポール航空に次いで票が多かったのがエールフランス航空の制服です。


ファッションの国フランスを代表するエールフランス航空では、「どの航空会社よりもおしゃれであることが求められる」という使命のもとに客室乗務員の制服がデザインされています。


現在の制服は2005年より着用が開始され、トップデザイナーのクリスチャン・ラクロワがデザインを担当。


ワンピースやスカート、パンツスタイルなどを組み合わせるとなんと10通り以上もの着こなしが出来るのだとか。シックな紺のワンピースに赤いベルトをするスタイルや雲を意識した水色のスカーフなど細部にまでこだわったつくりは正に空飛ぶエレガンスと呼ぶにふさわしいもの。


現役・元客室乗務員からはその日の気分や乗務のシチュエーションに併せて制服を組み合わせられるのが素敵。エレガントな女性の魅力を引き出す制服といった声が多数寄せられました。


エールフランスを利用した際には、オテス達(フランス語で客室乗務員)それぞれのセンスが光った着こなしを目で見て楽しんでみてはいかがでしょうか?


エールフランス航空の制服はこちら




いかがでしたでしょうか?


現役・元客室乗務員が一度は着てみたい!と憧れる航空会社の制服ランキング第1位から2位までをお送り致しました。

次回は第3位から5位そして個性派エアラインのご紹介を致します。


やっぱり!というエアラインからあのエアラインが?!というものまで・・・どうぞお楽しみに。


SCROLL