元CA秘書が教える、日常生活で生きる気遣いのポイント (3/3ページ) | キャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア - CA Media

3000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダント(客室乗務員/CA)がおすすめする情報メディア

元CA秘書が教える、日常生活で生きる気遣いのポイント (3/3ページ)

kico

CAや秘書に求められる気遣いとは、相手の顔色をうかがいながら気を遣うことではありません。むしろ、相手のことを考え、思いやることで相手に合ったベストな方法を考え、行動に移すことです。CAの場合はその対象がお客様であり、秘書の場合はその対象が直属の上司になります。今回は私も実践していて、かつ限られた相手だけではなく、日常生活で生きる簡単な気遣いのポイントをご紹介します。

ポイント3:間を大切に


例えば上司への報告事項を抱えている時、真っ先に頭の中に浮かぶのは、報告をしなくては!という気持ち。


その気持ちが先走ってしまい、報告をすることが目的になってしまうことも多々あります。

しかし、大体の場合、何か報告事項を報告し、それについて理解してもらい、あるいは追加の指示をもらうことが本来の目的だったりします。


友人と話をしている時も、自分のことばっかり話して、周りがついていけていない時があったりしますよね。

そういったことがないように、どんなに急いでいても、間を大切にすることが、相手への思いやりです。


間を上手に使う


相手が考える時間を与える間、相手が質問を挟める間、そして自分にも必要なのが相手の理解度を考える間。

どんな時でも、我先に!とならずに、相手のスピード感も考慮してみましょう。


誰もがきっと無意識に実践しているポイントではありますが、意識的にするだけで、相手を気遣うスキルはぐっとアップします。


相手の顔色をうかがって疲れてしまう気遣いではなく、相手への思いやりをベースにお互いが心地良く過ごせる気遣いをしたいですね。



併せて読みたい:

元CA秘書が教える、ぜひ持っていたい!感謝されるお役立ちアイテム

SCROLL