パリジェンヌ気分を満喫!パリをさらに楽しめる3つのカフェ | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

パリジェンヌ気分を満喫!パリをさらに楽しめる3つのカフェ 1/2

カフェ文化が根付いているパリには、道行けばカフェが沢山。今も昔も、地元民や観光客の憩いの場所としてなくてはならない存在であることが伺えます。今回は、溢れるほどカフェがあるパリで、観光客でも行きやすい外れなしのカフェをご紹介します。ショッピングや観光の合間に、カフェで一息、さらにパリを満喫してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7200.JPG
パリジェンヌ気分を満喫!パリをさらに楽しめる3つのカフェ

日常に溶け込むカフェ

パリでは、カフェは日常に溶け込み、文化としてその土地に根付いています。

少し歩けばオシャレなカフェがたくさん。

クロワッサンとカフェオレで思い思いの時間を過ごすパリの人々を眺めるだけでこちらもワクワクしてしまいます。

今回は、そんなカフェが点在するパリの中でも、観光やショッピングの合間に楽しめるオススメのカフェをご紹介いたします。




パリマダムに人気のBIOカフェ ブレット&ローゼズ



パリマダムの間で人気に火がつき、2店舗目をオープンしたブレッド&ローゼズ。

店内のショーケースは、具沢山の野菜やフルーツがトッピングされたお惣菜、キッシュ、ケーキ、タルト、パンなどが綺麗に陳列されていて、どれも美味しそうで目移りしてしまいます。


「美味しいものはボリュームたっぷりじゃないと!」そう語るオーナーの言葉通り、美味しいだけでなくお腹も満足になる量。






サラダだけでも十分食べ応えがあり、お腹がいっぱいになります。



そして、お店のこだわりは食材や調味料をしっかり選んでいること。

安心安全のBIO食材を使い、フランスの食材はもちろんヨーローッパ各地から食材を取り寄せています。



パンはエシレバターを使用し、天然酵母で焼き上げています。

ツナや生ハムはスペイン産、サーモンはスコットランド産、紅茶はイギリス産、と、カフェであってグルメも追求できるオーガニックカフェです。

天気が良い日は、テイクアウトして近くの公園で食べるのも素敵。



DATA
住所:25 rue Boissy d'Anglas 75008
メトロ : Havre Caumartin
営業時間 : 月〜金 8:00-19:30、土 10:00-19:30
定休日 : 日




パリの老舗カフェ カフェドフロール



サンジェルマンデプレ界隈にある老舗のカフェ カフェドフロール。


フロールという名前の由来は、サンジェルマン大通りに建っている春の女神、フロールからきているもの。

夏も冬もテラス席は混み合っていて、観光客から地元のフランス人にまで古くから愛されているカフェです。





ここのカフェはただの老舗ではありません。

常連客には、哲学者のサルトルやボーヴォワール、大女優のカトリーヌドゥヌーブ、ブリジットバルドー、デザイナーのカールラガーフェルドやイヴ・サンローラン、天才画家ピカソなど、各分野の著名人が通っていた歴史が詰まったカフェと言えます。


インテリや文化人の社交場だったこのカフェは、時代が変わっても今もなお愛される憩いの場。

是非、観光がてら足を運んでみてはいかがでしょうか?



DATA
住所 : 172 Bd St-Germain, 75006 Paris
メトロ : Saint Germain des Près
営業時間:7:30−25:30
定休日 : 不定休

次のページ:ショッピングの合間にフォトジェニックなジェラートはいかが?