外資系CAに学ぶ今日から使える旅行英会話<時間編> 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

外資系CAに学ぶ今日から使える旅行英会話<時間編> 2/2

海外へ行くと空港や飛行機、電車のプラットホームなどで、出発時刻や到着時刻の案内を耳にしたことがあると思います。今回は知ってそうで実はあまり知られていない”時間”に関しての英語表現を機内秘話も交えてお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
281.jpg
外資系CAに学ぶ今日から使える旅行英会話<時間編>

ネイティブが使う時間の表現方法


まず、時間を尋ねる時、中学校で「What time is it now?」と習ったことを覚えていますか?

もちろん間違えではないのですが、この表現ですと、少し唐突でカジュアルなニュアンスになってしまいます。


初めてお逢いする方に時間を尋ねるときに適した表現は、

「Do you have the time?」になります。

これを「お時間ありますか?」ととらえてしまいそうになりますが、ここでのthe timeは“みんなが知っているその時間“というニュアンスで、

「(もし、時計を持っていましたら)時間を教えていただけませんか?」というより丁寧な表現になります。


では、次に時間を聞かれた時の返答の仕方です。


1, pastを使う

“~時~分過ぎ”というニュアンスでten past twelve(12:10) のように使います。

他にも・・・

quarter past five (5:15) ここでのquarterは1時間の4分の1という表現です。

half past two (2:30) このhalfは1時間の半分というニュアンスになります。


ネイティブが使う時間表現の英会話

2, toを使う


もう1つ、時間を表す表現として、“~時まで~分”といった意味でten to ten(9:50)

のように表現することもできます。

これはあくまでも、“あと少し”で~時という意味合いになるので、あまり大きな数字は使いません。例)half to two----×


それでは、種あかしです!

「Our estimated arrival time today is 5,10,2,3…」は正しくは

「Our estimated arrival time today is 5,10 to 3.」となり、

「本日の到着予定時刻は2時50分から55分を予定しております。」

と訳すのが正解でした。


どうでしたでしょうか?

冬休みシーズン到来間近、皆さん是非ご旅行の際に活用してみてくださいね。

“Have a safe and enjoyable trip!安全で楽しいご旅行を!”