外資系CAに学ぶ今日から使える旅行英会話<時間編> | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

外資系CAに学ぶ今日から使える旅行英会話<時間編> 1/2

海外へ行くと空港や飛行機、電車のプラットホームなどで、出発時刻や到着時刻の案内を耳にしたことがあると思います。今回は知ってそうで実はあまり知られていない”時間”に関しての英語表現を機内秘話も交えてお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
281.jpg
外資系CAに学ぶ今日から使える旅行英会話<時間編>

海外旅行で役立つ時間英会話


海外へ行くと空港や飛行機、電車のプラットホームなどで、出発時刻や到着時刻の案内を耳にしたことがあると思います。

私たちが学校で習う英会話とネイティブが使う英会話には時間の表現の仕方にかなりの違いがあるもの。今回は知ってそうで実はあまり知られていない”時間”に関しての英語表現を機内秘話も交えてお届けします。


海外旅行で役立つ時間英会話

“到着予定時刻は5,10,2,3…?!” とある日の機内アナウンス


私達外資系エアラインCAの重要なタスクの1つに機長や客室責任者の機内アナウンスを間髪いれずに分かりやすい日本語に訳してアナウンスするというものがあります。


といっても、大抵の場合はアナウンスブックというマニュアルに沿ってアナウンスをすれば良いのですが、ひときわ注意をしてメモを片手に英語のアナウンスに耳を傾ければならない瞬間があります。


それが、機長によるご挨拶のアナウンス“キャプテンアナウンス”です。

飛行経路や到着予定時刻、到着地の天候などフライト毎に変化する内容を一字一句間違えずに正確に日本語に訳さねばなりません。


とある日のキャプテンアナウンスで・・・。

「Our estimated arrival time today is 5,10,2,3…」という放送が入りました。

一瞬考えてしまいました。聞こえたまま日本語に訳すと・・・


「本日の到着予定時刻は5,10,2,3時です。」


これでは意味不明ですよね?

では、機長はいったい到着予定時刻を何時何分と言っていたのでしょうか?



とある日のキャプテンアナウンス


正解は次のページで。


次のページ:ネイティブが使う時間表現の英会話