こんな盲点が!子連れ海外旅行の行き先・プランの決め方 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

こんな盲点が!子連れ海外旅行の行き先・プランの決め方 1/2

子連れ旅行は大人だけの旅行とは違う、考慮しなければならないポイントが!ここでは見落としがちな盲点も含め、大人も子供も「行ってよかった!」と思える旅行先の選び方・旅程の組み方のポイントをご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5771.png
こんな盲点が!子連れ海外旅行の行き先・プランの決め方

「行ってよかった!」と思う旅行先、どう決める?

「子連れで海外リゾート!ホテルの立地・設備のチェックポイントとは」では、ホテルの選び方についてお伝えしました。

今回は第2弾として、ホテル選びに先立つ、旅行先の決め方についてお伝えします。

特に、子供が小さいと親の希望だけで決めてしまいがちな旅行先。
しかし、そこには大人の視点だけて見ると見落としがちな盲点が。

大人も子供も「行ってよかった!」と思えるような旅になるよう、筆者の経験をもとに、ポイントをお伝えします。



移動距離は子供の年齢に応じて

飛行機内は狭く、乾燥しているという特性もあり、乳幼児を連れているママには長時間移動は大変。

子供が突然泣いたり、ぐずったりした際は、機内の周りの目が気になるという方も多いのではないでしょうか。


特に乳幼児連れの場合は、旅慣れている方は別として、時差が少なく、飛行時間も短い場所が理想的です。

例えば日本から3、4時間程度で行けるアジアの都市は子連れ海外旅行初心者にはお勧め。
また、現地に着いてから、ゆっくり、のんびりできる旅行先なら多少、飛行時間が長くてもリラックスできるはずです。


気候チェックと現地での過ごし方

日本との季節の差、気温差も考慮すべきポイントです。

例えば、日本が冬の時に夏の旅行先に行くのは荷物も少なく、体もとても楽です!

しかし、逆に日本が夏の時に、寒い場所に行く時は注意が必要です。家族全員が冬の衣類を持っていくと結構かさばります。

さらに急に寒くなると子供は体調を崩す可能性も高まるので、子供の体力や年齢によって、気候を考慮に入れましょう。


現地でどのように過ごしたいのかも旅行先選びで重要なポイントです。

なるべく観光地巡りをしたいという行動派と、ゆっくりのんびりしたい派とでは行き先も変わってきますね。

「子連れで行動派!」という方は、大人だけで行くのとは違い、子供のペースに合った余裕ある旅程を組みましょう。

次は、子連れならではの旅程の組み方のポイントをお伝えします。

次ページ:子連れならではの重要ポイントとは