【パリ】シャルル・ド・ゴール空港の総合情報!wifi、ロッカー、ディタックス、DFS、アクセスなど | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

【パリ】シャルル・ド・ゴール空港の総合情報!wifi、ロッカー、ディタックス、DFS、アクセスなど 1/2

パリ=シャルル・ド・ゴール空港のターミナル、wifi、ロッカー、免税手続き、DFSに入っているブランド、お土産、スターバックス、市内へのアクセス、治安情報などなど、知っておくと便利な空港情報を、パリ在住経験のある元CAがまとめてご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4935.jpg
【パリ】シャルル・ド・ゴール空港の総合情報!wifi、ロッカー、ディタックス、DFS、アクセスなど

空港基本情報

パリ=シャルル・ド・ゴール空港

Aéroport de Paris-Charles-de-Gaulle


【日本からの飛行時間】

直行便で約12時間30分


【時差】

8時間(サマータイム時は7時間)


【日本からの主なアクセス・就航エアライン】

直行便:日本航空・全日本空輸・エールフランス航空

乗継便:KLMオランダ航空、大韓航空、エミレーツ航空など約35のエアライン


ターミナル

【ターミナル1】

全日本空輸をはじめスターアライアンス加盟航空会社、アジアやアフリカ諸国の航空会社が利用。

【ターミナル2】

エールフランスをはじめスカイチームの航空会社、エールフランスとコードシェア運航を行うヨーロッパやアジア、アメリカの航空会社が中心。日本航空もターミナル2Eを利用。

【ターミナル3】

一部のLCCやチャーターなど不定期便の発着が中心。



知っていると便利!空港情報

【フリーwifi】

「WIFI-AIRPORT」を選択し、名前等の必要事項を入力すれば無制限で使用可能。


【荷物を預ける場所】

ターミナル2(2Cと2Eの間)のSNCFの駅の近くに、「Consignes a Bagages」と記された黄色い壁の荷物一時預かり所オフィスがあります。営業時間は06:00〜21:30。荷物の大きさや時間によりますが、費用は10〜20ユーロ程度。複数日預けることも可能です。



空港から市内へのアクセス

【電車】

RER B線

費用:パリ市内まで約10ユーロ(ZONE1-5のエリア料金)

所要時間:急行利用で約30分、普通利用で約50分(普通・快速・急行があるが、パリ市内の駅は全て停車)

メリット:安くて早い。渋滞の影響を受けにくい。

デメリット:パリの駅はエスカレーターが少ないため、荷物移動が大変。通過するパリ郊外は治安が悪く、スリ等の危険が高い。ストライキや故障で大幅なダイヤの乱れがあることもある。


バス】

Roissy Bus(空港ーオペラ間)/Les Cars Air France(空港ー凱旋門間・空港ーモンパルナス間)

費用:中心部まで約10〜15ユーロ

所要時間:45分〜1時間(ラッシュ時は余裕をみましょう)

メリット:安い。荷物移動も楽。

デメリット:渋滞時は到着時間が読めない。


【タクシー】

費用:中心部まで約60ユーロ

所要時間:30分(ラッシュ時は余裕をみましょう)

メリット:移動が楽で安心。運転手にホテルの住所を見せればその前まで行ってくれる。

デメリット:他交通手段に比べて高い。渋滞時には到着時間が読めない。白タクにつかまる危険性がある。(声をかけてきたタクシーではなく、必ずタクシー乗り場から乗りましょう)


空港へのアクセスが便利な宿泊場所

・オペラ座周辺

・凱旋門・シャンゼリゼ周辺

・サンミッシェル・オデオン周辺

・北駅周辺(治安があまりよくないので注意)



治安情報

空港内、また空港に向かう電車やバスの駅や車内では、特に日本人を狙ったスリが多発しています。

パリ市内も、モンマルトル以北など、北部は比較的治安がよくないと言われています。治安が心配な方は、パリ中心部や南部に宿泊するのがおすすめです。

また地域によらず、日本に比べてスリや強盗の被害の多い街です。むやみにブランド品を身につけたり、チャックの空いたバッグを持たないように気をつけましょう。暗くなってからの女性の一人歩きなども出来るだけ避けた方が無難です。


次のページ:免税手続き・DFSに入っているブランド情報、お土産情報など