祝!「日本遺産」第1号記念 福井の魅力発見ツアー【後編】 3/3 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

祝!「日本遺産」第1号記念 福井の魅力発見ツアー【後編】 3/3

2015年に「日本遺産」第一号として認定された歴史ある名所が集う福井県。越前かにに鯖街道の焼き鯖、へしこ、フグなどなど、美味しい食材が満載です。今回は実は驚くほど充実していた”福井県の食事情”をたっぷりと取材して参りました。前編・後編に分けておすすめのお店などもご紹介しますので、年末年始の休暇や、週末のプチ旅に、皆様も足を運んでみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4829.jpeg
祝!「日本遺産」第1号記念 福井の魅力発見ツアー【後編】

食感と甘みに感動!!五作荘のふぐ料理

最後にお勧めしたいのははふぐ料理です。

若狭和田駅より徒歩10分の場所に位置する五作荘さんでいただきました。




こちらでは「蓄養」という方法で、薬品などを一切使わずに、自然に近いかたちでふぐを大切に育てています。

プリッとした食感と、身の甘みには何度も驚かされました…!



写真からも美味しさは伝わりますよね。



さらに、こちらではふわふわのフグの唐揚げや希少なふぐの卵巣も食べることができるのです。

卵巣はふぐが毒を溜め込む場所なので、なかなか食べることができない部分ですが、

こちらの卵巣はなんと2年間も塩につけて、その後天日干しし、さらに1年程度酒粕につけで毒を抜き、

やっと食べられるようになります。




こちらがその珍しいふぐの卵巣です。

とても手間のかかる作業ですが、出来上がった卵巣は日本酒のお供に欠かせない贅沢なおつまみになります。

日本酒の飲み方の1つでもあるひれ酒もこだわり抜いた自慢の1品。

じっくりと2時間かけて炙ったひれを辛口の日本酒につけて、ゆっくりと甘みを移していきます。



こちらのひれ酒は2回3回と日本酒を継ぎ足すたびに味が変わり、甘みや旨みが増すのだそうです。 

こちらの五作荘、ゆっくりと宿泊で訪れてふぐを満喫することも可能です。

http://fugu-gosaku.com


ふぐのフルコースを堪能したい方は、こちらをお勧めいたします。

2回にわたりご紹介いたしました、知られざる魅力満載の福井県。


今回は料理に焦点を当ててお伝えいたしましたが、まだまだ福井県には魅力的な点が盛りだくさんです!!

日本遺産にも選ばれ、交通の便も良くなり、今後ますます注目されること間違いなしですよ。

今後の旅の参考にしていただけたら嬉しいです。