ガイドブックには載っていない!?福岡で絶対訪れたい柳川の魅力を徹底解剖 2/3 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

ガイドブックには載っていない!?福岡で絶対訪れたい柳川の魅力を徹底解剖 2/3

福岡の観光スポットといえば必ず紹介されている場所『水郷の町 柳川』。柳川は私が航空会社に入社するまで20年近く過ごした地元です。柳川のガイドブックには載っていない!?ようなオススメの見どころ、グルメ、絶対喜ばれるお土産、ベストシーズン、知っておくと便利な空港からのアクセスまで余すことなくご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4741.png
ガイドブックには載っていない!?福岡で絶対訪れたい柳川の魅力を徹底解剖

名物!柳川でいただくせいろむし


柳川の名物といえば、うなぎ!

うなぎと言っても柳川のうなぎはどこで食べても「せいろむし」です。



うなぎのせいろむしは、タレで味付けしたご飯の上に、焼いたうなぎ、錦糸卵を乗せたせいろで蒸したもので、超絶品!


東京にいる頃、誰もが知っている鰻の有名店数カ所に行き、美味しく頂くのですがいつも「やっぱりうなぎは柳川だなー」と思っていました。


柳川に多くの歴史あるうなぎ屋さんがあり、各々焼き方やタレの味、蒸し方などこだわりがあります。

中でも有名で人気なのが『元祖本吉屋』と『若松屋』。


この2店は地元の方々も本当に好みが別れていて、「やっぱり本吉屋よね!」という方もいれば「若松屋が絶対おいしい」という方も。


私は、遠方からのお客様が柳川で御食事をされる際には、老舗で圧倒的に名前が知れていることもあり、必ず『元祖本吉屋』にお連れします。


創業は天和元年(1681年)で300年以上の歴史があり、その味を忠実に継承されているそうです。

食事時や週末には長蛇の列が出来ています。

平日は予約も可能ですので、平日で予定が事前に分かっている場合には予約をして訪れることをおすすめします。



絶対手に入れたい柳川のお土産!

お土産はお菓子や民芸品、海産物など色々ありますが、中でも私イチオシの物を2つご紹介致します。 



①YUZUSCO(ゆずすこ)1本540円

簡単に説明すると、液体柚子胡椒で、タバスコ×柚子胡椒。
一家に一本マスト!な柚子胡椒風味の超万能調味料です。


お鍋、お肉、お魚、サラダ、ピザ、パスタなどなど何にでも合います。

保存料、着色料が使用されていないのも嬉しいですね。


これは柳川のお土産屋さんは勿論、福岡空港や佐賀空港、博多駅など入手出来る場所は県内にも沢山ありますし、ネット販売もされております。 

HP: YUZUSCO(ユズスコ)


東京の方で気になった方、なんと東京交通会館地下1F『The・博多』で見かけたと、前に友人が話していました。

県外でも、福岡の物を取り扱っているお店ではもしかしたら手に入るかもしれません!




②鶴味噌醸造の国産原料100%、無添加の味噌

鶴味噌醸造、通称「ツルみそ」は、明治3年創業で150年近くの歴史があります。


現在老舗の味噌屋さんも、大豆や麦など海外産を使用しているところが多い中、国産のものかつ無添加の味噌を使用しており安心して使用でき、味ももちろん最高。


ただお味噌は地方によって味が全く違うので好みはあるかもしれませんが、ぜひ試して頂きたいお味噌です。


即席のお味噌汁は、フリーズドライなのでお湯を注ぐだけで良く、しかも素材の味がしっかりいきていて絶品。

化学調味料不使用です。


インスタントの物は殆ど食べない私ですが、こちらの商品は常備しています。

忙しい朝や夕食にお手軽簡単に用意が出来るのでおすすめです。

HP:鶴味噌醸造株式会社(ツル味噌)      


次のページ:柳川のベストシーズン&空港からのアクセスは?