五感にアプローチして機内でもぐっすり!CAも実践する快眠術 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

五感にアプローチして機内でもぐっすり!CAも実践する快眠術 2/2

飛行機の轟音や機内の騒音、長時間座りっぱなし。そんな機内でも快適な睡眠を手に入れるために、CAも実践する快眠術をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8618.jpg
五感にアプローチして機内でもぐっすり!CAも実践する快眠術

寝ている間も気持ちよく!触覚にアプローチ

最後に触覚

長時間同じ姿勢でいる機内では、いつも以上に触覚にアプローチしてあげることが大切。

パリッときたスーツを着て、ゴワゴワのブランケットに包まれて寝るなんて、想像しただけで熟睡できなさそうですよね。

締め付け感のない服装で、ふわふわの毛布に包まれて眠りたいですよね。

CAの中にもこれに包まれると熟睡できる!というお気に入りのブランケットを持ち歩いている人もいます。

肌触りの良いストールなどなら荷物にもならないのでおすすめです。



眠る姿勢にも注目してみて

首にはめる枕があるとかなり姿勢が楽に:キャビンアテンダント(CA/客室乗務員)も実践する快眠術

また、機内では寝る姿勢もとても大事。

座ったまま寝るというだけでも身体にとっては負担なので、その中でできる限り楽な姿勢で眠るようにしてあげましょう。

座ったまま寝ると首が固定できずに左右どちらかか下に傾き凝ってしまうので、持ち運びできる首にはめる枕があるとかなり姿勢が楽になるはずです。

空気を入れるタイプだと荷物にもならないですし、硬さも調整できるのでおすすめです。

また、足元が冷えると寝付けないことが多いので、暖かい靴下を持参するなど、足元の防寒対策も大切です。

特に夏場は気を抜きがちですが、機内の空調が強いこともあるので、靴下は必ず持参することをおすすめします。




いかがでしたでしょうか。

視覚、聴覚、嗅覚、触覚にアプローチすることで、寝よう寝ようと思ってもなかなか寝付けなかった人でもかなり寝付きがよくなるのではないでしょうか。

様々なアプローチがあるかと思いますが、ぜひ自分に合ったやり方を見つけて、機内でも快適な睡眠を手に入れてください。




併せて読みたい

機内が自宅に大変身!?CA流機内で快適に過ごすための6つの工夫

ハワイやアジアに行くなら!深夜便で上手に眠りに入るコツ

長距離フライト後も元気!機内で上手に眠れる3つの秘密