海外での通信費お得にしたい!レンタルWiFiとSIMカードどっちが良い!? | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

海外での通信費お得にしたい!レンタルWiFiとSIMカードどっちが良い!? 1/2

海外旅行の際もストレスなく使いたい携帯電話。ただし、海外での通信費用って高いですよね。海外用のWi-Fiをレンタルしていくのか、現地でSIMカードを購入するのか、どちらがお得に海外を楽しめるのか解説いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8411.jpg
海外での通信費お得にしたい!レンタルWiFiとSIMカードどっちが良い!?

海外滞在中気になる通信費

海外旅行中も日本と同じように携帯電話を利用できる時代になりました。

大手キャリアでは国際ローミングサービスと言って、現地の通信会社に繋いで通常利用できるサービスもありますが、こちらは高額なのがネック。

帰国したら驚きの費用が請求されていたという経験をされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

とはいえ、海外でも普段と同じようにメールもしたいし、SNSも利用したいですよね。

割とお得に海外での通信環境を整えられるのが、海外用Wi-FiレンタルとプリペイドSIMカード。

どちらがよりお得なのか、そしてそれぞれどんなメリット、デメリットがあるのかご紹介いたします。




海外Wi-Fiレンタルサービスとは

海外渡航先ですぐ使えるように設定されているモバイルWi-Fiルーターをレンタルし、渡航先でそのWi-Fiに繋いでサービスを利用する方法です。

費用は渡航先や会社、プランにもよりますが、1日1,000円~1,500円程度。

Wi-Fiルーター1台で複数のガジェットと繋ぐことができるので、パソコンとスマホ両方にWi-Fiを繋ぐことができます。

あるいは、友人同士での旅行の場合、何人かで1台のWi-Fiに繋ぐことができるので、料金をシェアできればさらにお得に感じるかも!

ヨーロッパなどは周遊Wi-Fiがあり、国をまたいでも同じモバイルWi-Fiが使えるので便利です。




海外Wi-Fiレンタルのデメリット

メリットがあれば、デメリットもあります。

まず、Wi-Fi機器は空港でのピックアップが必要。

ギリギリに空港に到着すると、ピックアップに行くのも時間ギリギリということは多々あります。

また、1日ごとの課金なので、海外滞在が長期間になるほど費用が高額になる可能性があります。

もちろんデータのみなので電話代は別です。(LINE電話などデータで使える電話機能には利用可能です)

そして、友人同士でレンタルしたとしても、別行動してしまうと誰かは使えないですね。

毎日充電が必要で荷物が増えること、充電が切れてしまうと使えなくなってしまうことは、細かい点ではありますが、デメリットの1つと言えるでしょう。


次のページ:プリペイドSIMカードのメリットとデメリットも解説!