年末年始の空港は大混雑!少しでも快適に過ごすための心得5つ 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

年末年始の空港は大混雑!少しでも快適に過ごすための心得5つ 2/2

年末年始にご実家への帰省、旅行などで飛行機を利用される方は多いはず。この時期の空港はとっても混み合い、様々なところで行列ができます。移動が少しでも快適になるように注意したい点をお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8251.jpg
年末年始の空港は大混雑!少しでも快適に過ごすための心得5つ

保安検査場はスムーズに通れる準備を

ただでさえ並んでいる保安検査場。

やっと次が自分の番!という時に、前の方が引っかかってしまうだけで少しイライラしてしまいませんか?

また、自分が引っかかってしまうと、次の方に対して少し申し訳ない気持ちになってしまったり。

保安検査で引っかかる人が出てしまうと、保安検査の行列はさらに長くなり、保安検査に待つ時間も長くなります。

少しでもスムーズに通れるように、保安検査を受ける際は事前準備をしっかりしましょう。


国内線の場合
パソコン・タブレットは別にしておきましょう。

ペットボトルなどの飲み物の持ち込みはOKですが、カバンから取り出しておきましょう。

特に男性の方、ベルトの外し忘れ、ポケットの小銭、スマートフォンに気を付けて。

バーコードはあらかじめ準備しておきましょう。



国際線の場合
基本的には国内線と変わりませんが、液体物はまとめてジップロックなどに入れたものをあらかじめ出しておきましょう。

国によっては、靴やコートすべて脱ぐ必要がある場合もあります。





ボーディングを速やかに進めるには

年末年始のフライトは、基本的にはほぼ満席です。

手荷物の他、お客様全員がコートをお召しになっているのも冬のボーディングの特徴。

よく脱いだコートを無造作に広げて上の棚におしまいになる方を散見しますが、上の棚はお客様全員がご利用できるスペースです。

コートだけで場所を取ってしまうと、他のお客様のカバンやお手荷物を入れるスペースがなくなってしまいます。

スペースがなくてなかなかお手荷物をしまえずにいると、さらにボーディングが滞ってしまいます。

コートはお手荷物の上にふわっと乗せるように収納し、なるべく上の棚のスペースはコンパクトに使うようにお客様同士で協力し合いたいですね。





年末年始は混み合う上に、雪の影響を受けやすい季節でもあります。

雪でフライトが遅延して更なる混雑を招く、払い戻しのカウンターも行列、なども考えられます。

日系大手エアラインでは国内線は15分前に保安検査場を通過しましょうと言われていますが、LCCだとチェックイン時間はもっと厳しく管理されています。

乗り遅れてしまった!ということがないように、なるべく早い空港到着、余裕を持った行動を心がけてみてくださいね。




併せて読みたい

飛行機は大丈夫?妊婦さんの空の旅について知っておきたいこと

機内持込み可能な航空会社も!ペットと一緒に海外旅行

ハワイやアジアに行くなら!深夜便で上手に眠りに入るコツ