CAも実践!飛行機の中での水分の取り方のポイント 2/3 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

CAも実践!飛行機の中での水分の取り方のポイント 2/3

一回のフライトでどのくらい水分を取れば良いか、効率的な水分補給の方法など、CAも実践する機内での水分補給のポイントを伝授いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
644.jpg
CAも実践!飛行機の中での水分の取り方のポイント

機内で出される水分だけでは足りない!?


ここで実際にフライト中にどのくらい水分を取っているか考えてみましょう。


機内でペットボトルのお水が配られることが良くありますが、基本的には500mlのもの1本です。


また、フライト中に飲むドリンクはお食事中にアルコール類やお茶、食後のコーヒー・紅茶など体内の水分を奪ってしまうものが多いですよね。


そうなると純粋な水については配られたペットボトルのお水たった500ml分しか摂取していない!ということになってしまいます。


機内で出される水分だけでは足りない



機内にはペットボトルの水を持ち込んで!


そうなると残り1.5L分は自主的に摂取しなければなりません。


機内のコップ1杯150mlとして10杯は飲まなければならない計算になります。


そんなに何度も頼むのも大変ですし、好きなタイミングで飲めるように機内には自分でペットボトルのお水を持ち込むことをおすすめします。(国際線の場合は手荷物検査を通過してから購入してくださいね!)


でもだからと言ってただやみくもに飲めばいいというわけではありません。


続いてはCAも実際に行っている効率的な水の飲み方のポイントについてお伝えします。


次のページ:効果的な水分補給のポイント