CAも実践!飛行機の中での水分の取り方のポイント | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

CAも実践!飛行機の中での水分の取り方のポイント 1/3

一回のフライトでどのくらい水分を取れば良いか、効率的な水分補給の方法など、CAも実践する機内での水分補給のポイントを伝授いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
644.jpg
CAも実践!飛行機の中での水分の取り方のポイント

CAも実践する機内での水分補給のポイント


飛行機の中は特殊な環境。水分補給一つにしてもちょっとした知識とコツが必要です。


機内での乾燥対策や睡眠対策などを意識している方は多いかもしれませんが、水分の取り方までしっかり意識できている方は少ないように見受けられます。


ここでは一回のフライトでどのくらい水分を取れば良いか、効率的な水分補給の方法など、CAも実践する機内での水分の取り方のポイントについて詳しくご紹介いたします。



機内での水分の取り方のポイント


一日に何リットル水分を摂取していますか?


普段の生活の中で私たちが一日に必要な水分量は2~3リットル、そのうち飲料水から摂取する分は1~1.5リットルと言われています。


実際に自分で一日何リットルくらい水分を摂取しているか把握されていますか。


何気なく飲んでいて一日どのくらい飲んでいるか見当もつかないという方も多いのではないでしょうか。


500mlのペットボトル1本と、200mlのカップに5杯ほどお水を飲んだから1.5リットルくらいかな、というようにまずは普段の水分補給を見直してみることをおすすめいたします。



一回のフライトでお水は何リットル飲めばいい?


そして本題の機内での水分補給について。ご存知の通り機内は地上よりも格段に乾燥しています。


湿度20%以下、長距離路線では10%以下という極度の乾燥状態になることも。


そんな環境では呼吸をするたびどんどん水分が奪われていってしまうほど。通常と同じ量飲んでいたのではとても足りません。


よく「機内ではお手洗いに行かないようになるべく水分を取らないようにしている」という方もいらっしゃいますが、水分代謝が悪くなりエコノミー症候群にも繋がってしまうので絶対にNG。


普段以上に水分を取るように心がけましょう。


ではいったいどのくらい水分を摂取すればよいのでしょうか?一般的には、なんと10時間程度のフライトで最低およそ2リットルは必要と言われています。


さらにこの場合の水分とは純粋なお水のこと。


アルコール類やコーヒー、紅茶などカフェインの含まれるものは体内の水分を排出し、逆に水分を奪ってしまうのでこの中に含めません。



次のページ:機内で出されるお水だけでは足りない?!