リラックスして過ごすには?飛行機に乗るときの服装のポイント | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

リラックスして過ごすには?飛行機に乗るときの服装のポイント 1/2

機内ではどんな服装がベスト?そんなお声にお応えして、CAが心掛ける機内で快適に過ごすための服装のポイントを伝授いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
8655.jpg
リラックスして過ごすには?飛行機に乗るときの服装のポイント

CAが心がける機内での服装のポイント

機内でリラックスして過ごすためには、過ごしやすい洋服で乗ることが大切です。

リラックスできることは大前提で、それでいてカジュアルすぎず温度調整もでき、むくみ、蒸れ、臭い対策もできる……などなど、CA達が旅行などで飛行機に乗る際に実際に心掛けている服装のポイントをご紹介します。




機内でリラックスできる服装の鉄則

機内でリラックスできる服装の鉄則は身体を締め付けないこと。

特にパンツを履く場合はジャージのようなゆったりしたものなら良いのですが、ジーンズのような硬い素材やタイトなものはあまりおすすめできません。

長時間座ったままの姿勢だと腰回りを締め付けてしまい、腰回りの血行不良にも繋がってしまいます。




CAにも人気の定番旅行服とは

ジャージはカジュアルすぎて人目が気になるという女性も多いでしょう。

そのような方にはロングスカートがおすすめ。

締め付け感もないうえ、足回りを気にすることなくリラックスできます。

CAの間でも旅行の際はマキシ丈ワンピが人気です。

また、チュニックにレギンスというスタイルも締め付け感が少なく人気の高いスタイル。

レギンスは伸縮性が高い上に、お腹周りがスースーして冷えてしまうのも防げるのでおすすめです。




温度調整できる羽織ものは着心地重視で

飛行機の中では座る席によって空調の吹き出し口から風が当たりやすい席、機内の冷蔵庫の近くで寒い席、逆に他の席と比べて暑い席など多少の差があります。

カーディガンやパーカー、ストールなど、その都度自分の暑さに合わせて温度調整できるアイテムは必ず持ち込むようにしましょう。

あまり厚着をしすぎると肩が凝るので、半袖もしくは長袖一枚の上にカーディガンやパーカーなどの羽織ものを一枚というのがベストでしょう。

ここで重視したいのは着心地。

硬い素材や肌に触れてチクチクする素材はリラックスできないので避けた方が良いでしょう。

柔らかめの素材がおすすめですが、その中でもさらっとした綿やツルっとしたシルク、しっとりしたベロアやモコモコ素材など自分の好きな素材を意識的に選んでみるのも楽しいですよ。


次のページ:CAにも人気!足のむくみ、蒸れ、臭いに効くアイテム紹介