海外でお買い物し過ぎた!そんな時のCA流お役立ちパッキング術 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

海外でお買い物し過ぎた!そんな時のCA流お役立ちパッキング術 1/2

海外に行くと日本より安いものや珍しいものも多く、ついつい買いすぎてしまいますよね。そんな時困るのは気づいたらスーツケースに荷物が入らないこと。それでも慌てないCA流役に立つパッキング術をお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7827.jpg
海外でお買い物し過ぎた!そんな時のCA流お役立ちパッキング術

お買い物し過ぎてスーツケースに入らない?!

海外旅行の楽しみのひとつはお買い物。

誰に何を買って行ってあげようかな、とみんなの喜ぶ顔を想像しながらお土産を買ううちに、気が付いたらスーツケースに入り切るか心配になったことはありませんか?


CA達も例外ではありません。

フランス便やイタリア便ではついついお買い物しすぎてしまい出発前日に慌てるということも!

今回は増えてしまった荷物をきちんと収納する技をお伝えします。




買ってきたものの包装はすべて外す

まずは買ってきたものの包装は処分し、しまうものの量を減らします。

靴を買った場合、箱に入ってくることが多いですが、かさばる箱を持ち帰るのはもってのほか。

ホテルのゴミ箱に捨てておきましょう。

捨てるものが増えてしまった場合には、大量のごみを処分してもらうお礼にお部屋にチップを置いておくこともお忘れなく。


靴箱から出した靴は、中に入っている薄い紙にくるみ、あればビニール袋に入れてスーツケースに入れます。

ブランド物の紙袋を記念に持って帰りたい場合は、たたんでまとめ、一番下か一番上に平らにして入れます。




かばんを購入したら、しまうだけではなく利用する

かばんを購入した場合は、かばんも収納袋として利用します。

中に入りそうな小さなアクセサリーや小物などは、かばんの中にしまうことでスペースを節約できます。

時には大きなかばんの中に、小さなかばんをいれてしまうことも。

まるでマトリョーシカのようですね。

中に物を入れることで形崩れを防ぐこともできますので、一石二鳥です。



次のページ:スーツケースに詰め込み過ぎて閉まらないときの裏ワザとは?