新しいキャリアへの第一歩?英国でのワーキングホリデー2017 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

新しいキャリアへの第一歩?英国でのワーキングホリデー2017 1/2

就労も就学もできるという、海外での選択肢が広がるのがワーキングホリデービザ。CAになるために海外経験を積みたいという方にもオススメです。今回は私が実際に行ったイギリスのワーキングホリデーについて、まもなく募集が始まるのでご紹介いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7534.jpg
新しいキャリアへの第一歩?英国でのワーキングホリデー2017

ワーキングホリデイビザとは

働いても学んでも良い、ワーキングホリデービザをご存じですか?

正確には、英語でYouth Mobility Scheme(YMS)と言います。

現在、

・オーストラリア
・ニュージーランド
・カナダ
・韓国
・フランス
・ドイツ
・アイルランド
・デンマーク
・台湾
・香港
・ノルウェー
・ポーランド
・ポルトガル
・英国

の14か国と提携を結んでいます。

休暇(ホリデー)を楽しみながら異文化に触れ、国際交流をし、その間の資金を補うためにフルタイムでの就業(ワーキング)も許可されている夢のようなビザなのです。

留学だけ、駐在だけとは違い、海外経験の選択肢が増えますね。

今回は、筆者が行った英国についてお話します。




気になるビザ取得方法

2017年は1月と7月に抽選があります。

1年の定員が1000名。

1月の募集で800名が取得しており、来月取得できるのはたったの200名です。

取得できると、最長2年英国に滞在でき、就労も就学も許可されます。


2017年の2回目の募集はもうすぐ、7月10日正午に始まります。

7月10日正午~12日正午の間に条件を満たす人はメールを送るだけ。

詳細は下記の公式HPをご確認ください。

https://www.gov.uk/government/news/youth-mobility-scheme-2017-for-japanese-nationals-2nd-ballot.ja


次のページ:どんな人がビザを取得できるの?