絶対必要!海外旅行保険に加入すべき理由とかけ方を伝授 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

絶対必要!海外旅行保険に加入すべき理由とかけ方を伝授 1/2

海外旅行の際の保険はどうしていますか?万が一に備え、必ず加入することをおすすめします。身近なトラブルに備え、クレジットカード付帯の保険と海外旅行保険を組み合わせた保険のかけ方をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7516.jpg
絶対必要!海外旅行保険に加入すべき理由とかけ方を伝授

海外旅行保険どうしてる?

海外へ旅行に行く時、みなさんはどのような保険に加入しますか?

予約の際に旅行会社の方に勧められるがまま保険に加入する人、出発時に空港で加入する人、クレジットカードに付帯する保険を利用する人、「日本にいても病気や怪我なんてほとんどしないから大丈夫!」と、加入しない人もいるかもしれませんね。

保険は、万が一に備えること。

結論から言いますと、海外旅行の際に保険に入らないというのはかなりリスクがあります。

例えば病気。

海外では、時差や気候の変化、食事や水が合わないということも考えると、いかに体調を崩しやすいかが分かると思います。

では、どのように保険をかけたら良いか、自身の経験をもとにご紹介します。




海外旅行保険の内容とは

海外旅行保険の内容や補償項目の名称は会社によっても変わりますが、主な内容は以下のようなものがあります。


・傷害死亡、傷害後遺障害
 旅行中の事故によるケガが原因で死亡又は後遺症が残った場合。

・治療・救援費用
 病気やケガの際の治療費。現地に家族等がかけつける際の渡航費用など。

・応急治療・救援費用
 旅行前にかかっていた病気が現地で悪化した際の治療費など。

・疾病死亡
 病気が原因で死亡した場合。

・賠償責任
 他人の物を壊したり、ケガをさせてしまったなど法律上の損害賠償責任を負った際に適応される。
 例:お風呂の水があふれ、下の階に水漏れさせてしまったなど

・携行品損害
 携行品が壊れた、盗まれたりした場合。
 例:スーツケースが壊れたなど


この他に、航空機が欠航になり、もう1泊現地に泊まることになった場合などに適応される航空機遅延費用や、飛行機に乗る際、預けた手荷物が届かなかった場合に必要な身の回り品を買う為の補償もあります。(これら全てをまとめて、偶然事故対応費用という会社もあります)




クレジットカードに付帯する海外旅行保険

多くのクレジットカードに、海外旅行保険が付帯しています。

年会費の高いカードは補償金額も高額であったり、内容も手厚い傾向にありますが、年会費無料のカードでも海外旅行保険が付帯されているものがあります。

ご自身が持っているカードについて、以下を確認されることをお勧めします。

・海外旅行保険が付帯されているか、されている場合には、
・補償内容
・自動付帯か利用付帯か


自動付帯というのは、カードを携行しているだけで何の手続きもなく保険が適用されるということです。

利用付帯の場合は、出発前日本国内にて、旅行に関する費用の一部をそのカードで決済することで、保険が適用されます。

例えば、出発空港まで成田エクスプレスを利用する場合、その費用をカードで決済するなどです。

(利用付帯の条件は会社によって様々ですので、ご利用前にカード会社にご確認下さい)




クレジットカードの補償だけで十分?

万が一の時に必要な補償金額は人それぞれです。

自分が病気になってしまったら生活に困る家族がいるのかいないのかや、国によって医療事情が大きく異なるので、必要な金額も変わってきます。

死亡保障に関して、生命保険などをかけている場合には、海外旅行保険でそこまで大きい金額をかける必要もないかもしれませんね。

保険付帯のクレジットカードを複数持っている場合は、死亡保障を除いて、補償金額を合算出来る場合があります。

受け取る保険金額がどのくらい必要かを考えて、逆算して考えると、加入の際に安く出来たり、無駄な保険に入らなくて済みますね。

クレジットカードの保険だけでは不十分な内容だけに上乗せして入れる海外旅行保険もあるので、出発前に確認し、足りないところは追加で加入されることをおすすめします。

オンライン上での申し込みは、窓口での申し込みよりも安くなる場合もあります。



次のページ:実際必要なのはどんな保険?