新幹線でアクセスも抜群!伝統とモダンが共存する金沢の魅力 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

新幹線でアクセスも抜群!伝統とモダンが共存する金沢の魅力 1/3

2015年、東京と金沢を結ぶ北陸新幹線が開通し、北陸の魅力がより身近なものになりました。
古都金沢と言われるほどの伝統的な美しさと、今を生きるオシャレでモダンな魅力を兼ね備えている街、石川県金沢市。
旅行先に選ばれる方も多いかとおもいますが、金沢出身の筆者が石川県と金沢の魅力をたっぷりお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5758.jpg
新幹線でアクセスも抜群!伝統とモダンが共存する金沢の魅力

北陸新幹線で楽々アクセス!ぐっと近くなった金沢の魅力を徹底解剖

2015年に北陸新幹線が開通したことで、東京から金沢の陸路が2時間短縮され、乗り換えなしの2時間半で行くことが可能になりました。

これまでは、新幹線と在来線を使って4時間、空路だと小松空港から金沢市まで1時間かかっていたことを考えると、アクセスは格段に良くなりました。

伝統とモダンが美しく共存する街、金沢。

美味しい海の幸がたくさんいただけることでも有名で、キャビンアテンダントのステイ先としても人気の高い場所の一つです。

そんな大注目の金沢のマストゴー!な場所を、たっぷりお届けします。





金沢の玄関口:金沢駅

金沢駅

金沢では昔から、「弁当忘れても傘忘れるな」と言われていることをご存知でしょうか?

金沢は、特に冬の間、変わりやすいお天気が続きます。

朝少し晴れていても、1時間後には雨が降り出したり、冬の寒い日だとどっさりと雪が降ったり。

とにかく、お出かけに傘は欠かせません!

そんな金沢の言い伝えをモチーフにしたのが、金沢の玄関口、金沢駅です。

写真ではわかりにくいのですが、正面にあるガラスのもてなしドームは、お越しになる方に雨傘を差し出すイメージで丸くデザインされています。


また、もてなしドームを出た東口にある、伝統芸能の鼓をモチーフにした鼓門も美しく、必見です。

この金沢駅は、アメリカの大手旅行雑誌「トラベル・レジャー」ウェブ版において、「世界で最も美しい駅14選」に日本の駅で唯一選出された実績もあります。

新幹線開業でますます賑わう金沢駅。

美しいデザインにもぜひ注目してみてくださいね!





次のページ:四季折々の表情を楽しめる:兼六園