「Hanataba プレミアム日比谷花壇プロデュース」を2017年10月より新発売 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

「Hanataba プレミアム日比谷花壇プロデュース」を2017年10月より新発売

丸富製紙株式会社は、得意の3枚重ね技術で、株式会社日比谷花壇と「ボタニカルセラピー」をコンセプトにトイレットペーパー「Hanataba プレミアム日比谷花壇プロデュース」を2017年10月より新発売!3枚重ねの安心の厚みと、花々やグリーンが生み出すセラピー効果を、ぜひ体感してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7956.jpg
「Hanataba プレミアム日比谷花壇プロデュース」を2017年10月より新発売

丸富製紙株式会社と株式会社日比谷花壇のコラボレーション

環境に優しいトイレットペーパーで最高の安らぎと心地よさを提供している丸富製紙株式会社(本社:静岡県富士市、代表取締役社長:佐野武男)と、フラワービジネスのパイオニア、株式会社日比谷花壇が、「ボタニカルセラピー」をコンセプトにしたトイレットペーパー、「Hanataba プレミアム日比谷花壇プロデュース」を2017年10月より新発売いたします。



なぜこのトイレットペーパーが生まれたのか

きっかけは、丸富製紙株式会社が行った「ご自宅のトイレットペーパー」に関するアンケート。








そのアンケート結果によると、トイレの大でお尻ほ服平均回数は、全年代・性別問わず3回が平均的な回数と判明。

そして、シングルよりもダブルのトイレットペーパーの人気が高い、ということが分かりました。





ダブル利用者は「拭き取り感」、シングル利用者は「多く紙を使うため」の理由でそれぞれのトイレットペーパーを使用しているそう。



自宅でトイレットペーパー1ロールを使い切るには平均3日かかるそう。


また、トイレを快適に過ごすためにワンポイント工夫を加えている人もたくさん!

インテリアに気を遣ったり、掃除をまめにしたり、本を置いたり。

その中でも、20代〜30代の女性は「芳香剤や匂い付きトイレットペーパー」を好む傾向が40代以上の女性よりも高い結果がわかったのです。



丸富製紙は人気のダブルをさらに改良!

丸富製紙は、独自の3枚重ねトイレットペーパーを開発。

ダブルよりも少ない使用量でも安心の厚み。

1回でもすっきり拭き取れる3枚重ねは、実は経済的で、お肌にも優しいのです。

そして、トイレ内で香りを楽しむ女性が増加傾向にあることを受け、日比谷花壇との共同開発に至りました。



Hanataba プレミアム 日比谷花壇プロデュースの特徴



「ボタニカルセラピー」をコンセプトに日比谷花壇と共同開発が行われました。




セラピー効果のある花々とグリーンのデザインが施された4種のプリント柄が用意されています。




花咲く庭をイメージした、ほっとくつろげる癒しのフローラルガーデンの香り。



パルプの3枚重ねで吸水性が大幅アップ!

シャワートイレにも安心です。(※丸富製紙社従来品再生紙3枚重ね商品と比較) 



毎日使う空間だからこそ、お気に入りのインテリアや香りでさらに快適な場所にしたいトイレ。

そんなトイレ空間にピッタリのトイレットペーパーですね!