食事編:自宅で活用できる!ファーストクラスのおもてなし | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

食事編:自宅で活用できる!ファーストクラスのおもてなし 1/2

CA(客室乗務員)のファーストクラスのサービスをご自宅に取り入れてアッと言わせてみませんか?いつものディナーも、気の置けない友人たちとのホームパーティーも、ワンランク上に変身させてしまう簡単なワザをお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5665.jpg
食事編:自宅で活用できる!ファーストクラスのおもてなし

ファーストクラスのおもてなしで、家族や友人達をアッと言わせる

CAにとって、ファーストクラスの食事サービスは特別で緊張するもの。

エコノミークラスやビジネスクラスよりもさらに、コースで出す料理のそれぞれに提供方法が決まっていて、間違えないようにしないといけません。

そのうえ、ファーストクラスはヨーロッパ片道で100万円を軽く越える料金。そう、お客様は究極のVIPの方々。一流のサービスばかりを目にしている方々の前で、失礼があってはならないのです。

そんなファーストクラスでの究極なおもてなしの世界を、ご自宅で簡単に実践できる方法をお伝えします。あなたも特別な日にサプライズで試してみませんか?家族や友人たちが驚くこと間違いなしです。


おしぼりを最初に提供しホッとしていただく

機内の食事サービスはおしぼりで始まります。あたたかいおしぼりがサービスされると、ほっとした気持ちになる方も多いのではないでしょうか。

おしぼりは専用のオーブンで温めることが多いのですが、少量だったり、オーブンが故障したりするときには、電子レンジでチンしてあたためます。


これはご自宅でも取り入れられるワザです。

機内の温度は一年中決まった温度に保たれているので、温かいおしぼりがちょうど良いのですが、ご自宅では季節に合わせて冷たいおしぼりも喜ばれます。

水で濡らして絞ったおしぼりを、食事を出す1時間前に冷蔵庫を入れておくと、暑い中家に入ってきたご家族や友人たちにホッとしていただけること間違いなしです。

筆者も実践したところ、遠いところから来てくれた友人たちが「暑さが吹っ飛ぶ!」と大喜びしてくれました。

次のぺージ:メインディッシュを本格的に見せる!付け合わせの盛り付け方