"頑張りすぎない"ホームパーティーのおもてなし術 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

"頑張りすぎない"ホームパーティーのおもてなし術 2/2

ホームパーティーは、いざやろうと思うと「メニューはどうしよう?」「食器は揃うかしら」「料理を仕込む時間はあるのか」など、考えなければならないことが沢山!今回は5つのポイントを押さえて"頑張りすぎない、それでもオシャレなホームパーティー"を実現させる方法をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
206.jpg
"頑張りすぎない"ホームパーティーのおもてなし術

ポイントその3:料理の主役はお取り寄せにお任せ


そもそもゆっくり料理を仕込む時間がない!


これは、ついホームパーティーから遠ざかってしまう大きな理由の1つかもしれません。それなら、メインディッシュはプロの料理人にお任せしてしまいましょう。そのかわり素敵なお皿に綺麗に盛りつけをします。アミューズやサラダ等、無理せず手料理を振る舞う。


料理の主役はお取り寄せや百貨店に頼ることで、準備に時間をかけずに済む上、料理の失敗を恐れる必要もありません。しかしこれでも充分立派なおもてなしです。

  

ポイントその4:音楽とキャンドルを味方につける


音楽とキャンドルを味方につける



食事を楽しむ上でBGMや照明も大きなポイントとなります。


パーティーのテーマに合わせた音楽選びはもちろん、招く友人によっても流したい音楽は変わってくると思います。周りも自分も聞こえてきて心地よいと思える曲を選びましょう。そしてキャンドル。キャンドルの光は女性を美しく魅せてくれる優れものなのです。ディナーの雰囲気を盛り上げるためにも欠かせないアイテム。


グラスに水を入れて、そこへキャンドルを浮かべる等、使い方次第で様々な演出が可能です。


ポイントその5:食べやすさを意識する


友人を招待する前にすべきこと、それはシミュレーションです。テーブルにお皿やカトラリー、グラスを事前に並べて、1人1人が心地よく食事を楽しめるための配置を決めること。これは何よりも大切だと思います。


デザインを凝りすぎたために食事をする行為そのものに影響が出てしまってはいけません。食事の流れを考慮して、「自然な食器の配置であるか」「料理は分けやすいか」等、きちんと考えることが重要です。



時間を気にせず楽しむことのできるホームパーティー。


こだわるところと手を抜くところ、きちんとメリハリをつけて素敵なおもてなしをすることで、友人との距離もギュッと縮まること間違いなしです。