"頑張りすぎない"ホームパーティーのおもてなし術 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

"頑張りすぎない"ホームパーティーのおもてなし術 1/2

ホームパーティーは、いざやろうと思うと「メニューはどうしよう?」「食器は揃うかしら」「料理を仕込む時間はあるのか」など、考えなければならないことが沢山!今回は5つのポイントを押さえて"頑張りすぎない、それでもオシャレなホームパーティー"を実現させる方法をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
206.jpg
"頑張りすぎない"ホームパーティーのおもてなし術

12月は1年の中でも最もパーティーが多い時期ではないでしょうか。クリスマスのイベントや忘年会、お気に入りのレストランも予約が取りづらい…


そんな時期こそオススメしたいのがホームパーティーです。



しかし、いざホームパーティーをするとなると、


「部屋の片付けをしなきゃ!」「綺麗にテーブルコーディネートできるかしら?」「手料理を振る舞いたいけれど時間もないし自信もない」など心配事が増えてしまい、結果なかなか実現できない。そんな方も多くいらっしゃると思います。


今回は5つのポイントを押さえて "頑張りすぎない、それでもオシャレなホームパーティー” を実現させる方法をお伝えしていきます。


ポイントその1:パーティーのテーマをはっきりとさせる


パーティーのテーマをはっきりとさせる



クリスマスであれば、そこから連想する色や食べ物を考えて、少しずつテーブルのイメージを完成させていくと良いと思います。


また、クリスマスや誕生日といった分かりやすいイベント以外にも、この美味しいワインを皆で飲みたい!新しく買った食器を使って食事を振る舞いたい!など、パーティーの主役はどんなものでもなり得るのです。


ワインを主役にする場合は、そのワインと合いそうな料理を考えたり、エチケットの雰囲気に合わせたリネンを用意する等、どんどんアイディアを広げていくことで統一感のあるテーブルコーディネートが出来上がります。


ポイントその2:足りないマイナスをプラスに変える


足りないマイナスをプラスに変える


例えば6人参加のホームパーティー。同じお皿を6枚用意したいのに残念ながら5枚しかなかった、自宅でおもてなしをする時にありがちな"足りない問題”です。


そんな時は、あえて2種類のお皿を使用するという方法が有効だと思います。同じお皿を3枚、そしてまた別の種類のお皿を3枚用意する。2種類のお皿をあえて交互に並べてみることで、「隣り合うお皿に変化を出す」という立派な演出に早変わりします。


魅せ方の工夫次第でマイナスを味方につけることができるのです。


 次ページ:ポイントその3:料理の主役はお取り寄せにお任せ