何であんなに元気なの?CAの1日のスケジュールから読み解く、夜勤を乗り切る秘訣 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

何であんなに元気なの?CAの1日のスケジュールから読み解く、夜勤を乗り切る秘訣 1/2

皆さん、夜間のフライトでも元気に働くキャビンアテンダント見て「何であんなに元気なんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか? ここではCAの夜間フライト前の過ごし方を分析し、夜勤でも元気に働く秘訣を伝授いたします。看護師さんなど不規則なお仕事の方、シフト制のお仕事の方にも参考にしていただけたらと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5412.jpg
何であんなに元気なの?CAの1日のスケジュールから読み解く、夜勤を乗り切る秘訣

体内時計を狂わす恐怖の夜間フライト

お客様が寝静まった機内。ふと目が覚めてお飲物を頼もうとすると、さっと笑顔で出てきてくれるCA(客室乗務員)を見て、「夜中なのに何でこんなに元気なんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?


乗務時間がちょうど夜中にかかるフライトは「オーバーナイトフライト」と呼ばれていて、国際線をフライトする客室乗務員にとっては避けて通れないものです。そしてこれが体内時計を狂わす恐怖のフライトなのです。


それにもかかわらず、毎回オーバーナイトフライトで夜中に機内で元気に働く影には、実は涙の努力があります。ここでは現役国際線客室乗務員の私の、夜勤前の一日の過ごし方を大公開!そこに隠されている「夜勤でも元気に働くための秘訣」を伝授いたします。



夜間フライト前の過ごし方

大体の外資系航空会社の出社時間はフライト出発の2時間半前。いつもこの時間から逆算しながら1日を過ごします。

今回は夜中1時出発/ 午前8時着のオーバーナイトフライトの便を参考に、1日の時間の使い方を細かくご紹介します。



10:00 起床

10:30 シリアル、フルーツなどで朝ごはん① (カフェインは朝のうちに取る)

11:00 プールサイドで読書

12:00 ヨガ

13:00 昼食 ②(多めにとる、カフェインは控える)

13:30 洗濯、掃除

14:00シャワー

14:30 マニキュアを塗る

15:00 部屋を暗くする 温かい飲み物を飲む

16:00 YouTubeでドラマ鑑賞 ③(シリーズ物は観ないよう注意)

17:00 就寝

20:00 起床

20:10シャワー

20:30 お化粧

20:45 髪の毛を夜会巻きに

21:00 軽い食事 ④(素麺、お蕎麦、豆腐、野菜など)

21:30 パッキング

21:40 チェックイン、乗務員の名簿確認

22:00 タクシーを呼び空港へ

22:15 空港到着

22:20 オフィス出社

22:30 ブリーフィング室へ

23:00 ブリーフィング開始

23:30 ブリーフィング終了

23:45 機内へ

00:15 搭乗開始

01:00 離陸

01:30 飲み物サービス

02:00 機内が暗くなる
45分毎の飲み物サービス、トイレチェック、機内の安全確認、引き継ぎ準備、朝食(自分達の)

06:00(現地時間) 朝食サービスを開始

08:00 着陸

08:30 引き継ぎ業務

09:00 ホテルへ

10:00 シャワー

11:00 就寝


次のページではこのスケジュールの中で挙げた、夜勤を元気に乗り切るための4つの秘訣をご紹介します。

次のページ:夜勤を元気に乗り切る4つの秘訣