【客室乗務員流・効率アップ術】クッキング編 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

【客室乗務員流・効率アップ術】クッキング編 2/2

お料理するのになぜか時間がかかる、お料理が苦手、面倒くさいという方必見!効率よく素早くお料理ができる方法を、動線のプロ・元CA(客室乗務員、キャビンアテンダント)がお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5286.jpg
【客室乗務員流・効率アップ術】クッキング編

茹で物からスタート

沸騰まで時間のかかる茹でものからスタートしましょう。

私はいつも沸騰するまでの時間に先ほど述べたように、まないたや包丁を洗っています。

もやしやブロッコリー、枝豆、ゆで卵などは同じ茹で汁を使って茹でると時短につながります。


さらに茹で汁はそのまま捨てずにスープやお味噌汁や煮物などに使うと再利用できます。お野菜の出汁もでているので栄養や美味しさもアップして一石二鳥です。


煮込み料理は「ながら洗い」にベスト

比較的時間のかかる煮込み料理は洗い物をするのに絶好のタイミングです。

落としぶたをして煮込んでいる間に洗い物を済ませましょう。

逆に炒め物や焼き物はしっかりと見ていないと焦げてしまうので「ながら洗い」には不向きです。


洗い物をしながら料理のできる女性は男性うけも良いと言われています。



料理をしながら、台所をきれいに保って時間を有効活用しましょう。


いかがでしたでしょうか?

一歩先にすべきことを考えながら行動すれば、料理だって時短で効率よく作ることができます。

少し意識を変えれば苦手だった料理も楽しくなるかも!?

ぜひ参考にしてみてください。


次回は【客室乗務員流・効率アップ術】片づけ編をお届けします。