日本の伝統を現代風に!和の心を取り入れた格式高いお正月の演出法 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

日本の伝統を現代風に!和の心を取り入れた格式高いお正月の演出法 1/2

お正月。歳神様をお迎えして、誰もが心新たな気持ちになる時です。
この時ばかりは日本人であることを一年で一番感じることでしょう。忙しい毎日の中では古来から受け継がれて来た日本の文化を忘れがちですが、お正月くらいは少しだけでも取り入れてみたいですよね。ここでは、折形という武家社会に伝わった文化をご紹介しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
5051.jpg
日本の伝統を現代風に!和の心を取り入れた格式高いお正月の演出法

武家社会に受け継がれた伝統を取り入れ、格式高いお正月に!


早いもので2015年ももうすぐ終わり、新しい年を迎えようとしています。
新しい年の準備は進んでいますか?


忙しい毎日の中ではなかなか日本の文化を意識する時間がないかもしれませんが、新しい年の始まりであるお正月くらいは少し心を落ち着けて日本文化を楽しむ余裕を持ちたいものですよね。


今年のお正月はちょっとだけ和の心を取り入れて、歳神様をお迎えしませんか?
ここでは武家社会に受け継がれた折形という文化と、現代風に取り入れる方法をご紹介いたします。



ご祝儀袋の原型?!折形とは?


600年以上の歴史を持つ武家社会の礼法のひとつです。

和紙を使い、進物を包んで手渡すというやり方と儀式に使う和紙の飾りを総して『折形』といいます。
上級武家のみが特別な和紙を使い、生活の中で使い分ける独特の文化がそこにありました。


現在は、祝儀・不祝儀袋や贈り物ののし紙などにその文化は受け継がれています。
器用な日本人が吉凶を表し、そして美しく折り目正しく折った折形を、少しだけ現代生活に取り入れるには、お正月がピッタリ!
この素晴らしい文化に、この機会に触れてみませんか?


ここでは、誰でも簡単に取り入れる事が出来る、お正月ならではの箸袋、箸置き、お年玉袋のアイディアをご紹介しましょう。



箸袋・箸置きがこんなに素敵に!


祝い箸は、両方の先が細くなっています。それは、一方は神様用、そしてもう一方は人が使うためで、《神人共食》を意味しているからです。


おせち料理は、歳神様にお供えするお料理。
新年を祝い一年の幸せを授かる意味から、歳神様と食事を共にいただくというわけです。


だから、ひっくり返して取り箸に使うなんているのはタブーです。覚えていてくださいね!
その大事なお箸がおめでたい席で折れたら大変!ということで、丈夫で折れにくい柳の木が使われているのです。


お正月のお祝いの箸は、大晦日に家長が家族の名前をそれぞれの箸袋に書いて、箸を入れて神棚に供えておくのが習わしです。
その箸を元旦に使ったら、清めて(洗って)松の内(1月7日まで)は同じ箸を使います。
だから立派な箸袋に柳箸を入れて、この季節に売り出すのですね!


来年は、是非、和紙で家族分の箸袋作りに挑戦してみませんか?


左の写真は、折形を取り入れて折った箸袋2種です。
右の写真は、祝い鶴と、そしてそれを箸置きにしてみました。



  


これらのつくり方ですが、今はインターネットでも簡単に検索できます。


また、こちらもおすすめです。

・暮らしの折り紙(小林一夫著) 高橋書店

・折り紙会館(御茶ノ水)文京区湯島 1-7-14

色々な和紙、折り紙を売っています。また講習会もしてくださっています。



次のページ:嬉しさ倍増!お年玉は手作りの鶴の祝い袋で