食事の席で美しく見える振舞い10のポイント(後半) 3/3 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

食事の席で美しく見える振舞い10のポイント(後半) 3/3

美しい振舞いは、女性の魅力をグッと引き上げてくれるもの。ここでは、意外と知らない!?高級レストランで実践したいワンランク上の振舞いを、10コのポイントに絞ってお伝えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3290.jpg
食事の席で美しく見える振舞い10のポイント(後半)

ポイント⑨コーヒーを上品に飲む女性は美しい!?


向かい合う相手の手先は意外と目立つもの。


ちょっとした仕草がグッと美しさを強調してくれることだってあるのです。そう思うと細部まで気が抜けませんね!


食後のドリンクタイムには特に意識してみてください。カップの持ち手に指をしっかり通してしまうのはあまり美しい持ち方とは言えません。


親指と人差し指でつまむような感覚で持ち上げ、他の指の腹で更に持ち手を支えて安定させると綺麗な手先を演出することができます。


ポイント⑩テーブルに美しい余韻を残すための小さな配慮とは?


食事が終わった後のナプキンは綺麗にたたみすぎない。これは皆さんご存知の通りかと思います。


しかし、だからといってクシャッと丸めたナプキンを置いて帰るのも美しくないですよね。


美味しい食事を終えた後は、ナプキンを軽くたたみ、テーブルの「左側」に置きます。テーブルは右側が上座、左側が下座とされているので、残った料理や食後のナプキンは左にまとめるのです。


去った後のテーブルにも、美しい余韻を残せる女性を目指しましょう!


まとめ


美しい振る舞いとは、いかに相手と心地良い空間を共有できるかを考え、実践することだと思います。レストランにもそれぞれ特徴がありますし、一緒に食事をする相手によっても自分の振る舞いを変える必要だってあるかもしれません。


常識はきちんと頭に入れた上で、その場の雰囲気に応じた対応ができれば言うことなしです。さらに、「このレストランで食事ができるなんて嬉しい!」「この人と素敵な食事の時間を過ごすことができて幸せ!」そんな素直な感情を大切にすること。


この気持ちがあれば、自然と相手のことを考えた心からの美しい振る舞いに繋がっていくことでしょう。


前半と後半でお伝えした10のポイントを頭の片隅において、素敵な食事の時間を楽しんで頂けたら嬉しいです。



併せて読みたい:

食事の席で美しく見える振舞い10のポイント(前半)