もう失敗しない!自分に似合うファッションの見つけ方 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

もう失敗しない!自分に似合うファッションの見つけ方 1/2

自分に似合うファッションをご存知ですか。流行っているから、有名モデルが着ていたからという理由で洋服を買われている方が意外と多いです。人の数だけ似合うファッションも様々。自分という素材を活かす調理上手を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
AX0Q1973.jpg
もう失敗しない!自分に似合うファッションの見つけ方

「他人が似合うから自分も」は絶対にだめ


まずは「自分に似合う」を見つけることの大切さについて書いていきます。


たとえばあるモデルさんや女優さんが素敵に着こなしているものを購入される方、ショウウィンドウにディスプレイされた洋服をそのままコピーして買われる方がいらっしゃいます。


はたしてそれは本当に自分に似合う洋服でしょうか?


私は常に自分のコンプレックスを洗い出してから「自分になにが似合うか」を分析しています。



たとえば

・ふくらはぎと足首が太い

→足首をだすスタイルの時はヒール必須、ロングブーツはふくらはぎを隠せるので


・肩幅がせまい

→首のつまったTシャツなどは顔の大きさが強調されるのでNG、かっちりしたジャケットは肩幅を隠してくれるので


・二の腕が太い

→タンクトップやぴったりとした半袖NG、ふわっとした半袖は



などなどコンプレックスが分かると、自分の隠したい部分、見せたい部分が明確になり、自然と買うべき洋服が分かってきます。



難しいのは「マイカラー」探し


自分に似合う色=マイカラーを探すのは意外と難しいんです。


私は学生時代はパステルカラーがマイカラーだと思っていたんですが、年齢を重ねてきてからは黒髪にしたこともありパステルカラーではなく、ビビットカラーや赤・白・紺などはっきりした色が似合うようになってきました。


そう思うようになったきっかけは、友達とのショッピングのとき。


それまで持っていなかったビビットオレンジのトップスを買うようすすめられたからです。


「こんな色が私に本当に似合うの?」とすこし疑いながら勇気をだしてビビットカラーを着るようなると、周りからの意外な反響の良さが。


自分に何色が似合うかは意外と分からないものなんだと学びました。


「食わず嫌い」ならぬ「着ず嫌い」になっている色はありませんか?