悪酔いしない!スマートなワインの飲み方 Vol. 2 2/3 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

悪酔いしない!スマートなワインの飲み方 Vol. 2 2/3

飲み過ぎた次の日「もうお酒は当分飲みたくない!」なんて思った事はありませんか?お酒での失敗や二日酔いは避けたいですよね!自分自身にも言い聞かせながら、今回は悪酔いしないスマートなワインの飲み方Vol. 2を御紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
521.jpg
悪酔いしない!スマートなワインの飲み方 Vol. 2

食事中の対策


お酒スケジュール


お酒スケジュールを立てましょう。


ワインは基本的に


アルコール度数 弱→強

色       白→赤

味       薄→濃

香り      シンプル→複雑

ボディ     軽口→重口

質       並質→上質


といった順番で飲み進めていきます。



また、悪酔いを防ぐ為に、空腹で飲むのは避け、食事と共にワインを飲む事をお勧めします。


更には、準備運動として、アルコールの低い食前酒とおつまみから始めるとなお効果的だと思います。


悪酔い対策には、お酒スケジュールを


ではここで、考えてみて下さい。

この3コースなら、どのようなお酒スケジュールを組みますか?


前菜   ホタテのカルパッチョ

主菜   生ハムとマッシュルームのクリームソースパスタ

デザート フォンダンショコラ


ワインと食事には「マリアージュ」と言って、それぞれに最適な組み合わせというものがあります。


細かい事はいつか皆様にお伝えするとして…


マリアージュも考慮しつつ、私なら、


「明日朝早いし、お酒は程々にしよう。」という日は 、


前菜とシャンパン

主菜と白ワイン

デザートとコーヒー


前菜と主菜で白ワイン一杯

デザートとコーヒー



「今日はお酒を楽しもう!」という日は


食前酒としてシャンパン

前菜と白ワイン

主菜と赤ワイン(ボディが軽めのワイン)

デザートと赤ワイン(チョコレートに合うボディが重めのワイン)


といった様にオーダーしたい所です。


しかし、決してこれが正解という訳ではありません。


最初にビールを飲みたい時もあるでしょうし、シャンパンが好きな方は最初から最後までシャンパンで突き通しても良いと思います。


飲み過ぎて悪酔いしない一番重要なポイントは、自分のコンディションを考慮しながら、食事に合わせたお酒スケジュールを立て、むやみに何でもかんでも飲まない事です。


自己管理が重要です!!(自分にも言い聞かせています!!笑)


悪酔い対策には、自己管理が重要


次ページ:お酒の隣には必ずお水を