これでもう二日酔い知らず!?楽しくおいしいお酒の味わい方 2/3 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

これでもう二日酔い知らず!?楽しくおいしいお酒の味わい方 2/3

おいしく楽しくお酒(日本酒)を楽しめたら、お料理の楽しみ方も広がりますし、コミュニケーションも円滑になりますよね!
お酒と上手に付き合うコツ、お伝えします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4200.jpg
これでもう二日酔い知らず!?楽しくおいしいお酒の味わい方

さぁ、今日は外でお食事!お酒を楽しく味わうには


みなさん、お酒を飲む時は「空腹で飲まない」というのが鉄則なのはご存知ですよね。

これは、食べ物とちがってお酒は腸からではなく、胃から吸収されるためです。

でも、仕事が立て込んで、待ち合わせまで何か小腹に入れる時間もない!

というときは、牛乳や飲むヨーグルトを飲んでみてください。

胃に膜が張られて、アルコールが吸収されるのが少しはゆっくりになります。でも、乾杯のあとは、必ずお料理を口にしてくださいね。



「和らぎ水」とご一緒に。


日本酒業界では、お酒と一緒に飲むお水を「チェイサ―」ではなく、「和らぎ水」と呼びます。

なんだか言葉がやわらかくて、はんなりしていて素敵ですよね。

お酒を飲んだ時は、いっしょに和らぎ水も添えましょう。


理想は飲んだお酒と同量の和らぎ水を飲むことです。

お酒の残り具合が驚くほど違いますよ!

 

できればお燗で飲むといいかも!?


冷たいお酒って、口当たりがよくて、ついつい量が進んでしまうものです。

日本酒が悪酔いするイメージを持たれてしまうのは、やはり気付かないうちに量が

進んでしまっていることが原因になっていることも多いようです。


燗にして温度を上げると、自然とペースがゆっくりになりますよ。

ぜひ、これからの季節、試してみてくださいね。



日本酒を燗にして温度を上げると、自然とペースがゆっくりになります


次のページ:それでもついつい飲みすぎてしまったときの対処法