ミシュラン一つ星、六本木の名店「なかむら」 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

ミシュラン一つ星、六本木の名店「なかむら」 1/3

一度は訪れてみたい、そう思ったきっかけは、もちろんミシュランの星を取得されているお寿司屋さんに興味を持ったから。大切な人の大切な日のお祝いにもおすすめ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
46.jpeg
ミシュラン一つ星、六本木の名店「なかむら」

ミシュラン一つ星、六本木の名店「なかむら」


今回は、大切な人の大切な日をお祝いするのに、どこか特別なところへ行きいと思い、六本木鮨なかむらをチョイスしました。私もずっと行ってみたかったミシュラン一つ星の名店。一度は訪れてみたい、そう思ったきっかけは、もちろんミシュランの星を取得されているお寿司屋さんに興味を持ったから。


実際に食べに行った際のレポートを今回は書かせて頂きたいと思います。


大将は、寿司店ではなく、日本料理「吉兆」の出身:予約編

「なかむら」の大将は、独学でお寿司を学ばれた、少し変わった経歴の持ち主だそう。そんなところも私が行ってみたい!と思ったポイントです。なかむらにお邪魔しよう!と決めたのは予約の2週間前くらい。本当は19時に予約を取りたかったのですが、さすがの人気店。予約を取れたのは21時でした。


ただ、そこは、さすがのミシュラン一つ星!!!当日、20時20分頃には、「お席が早めに空いたので、もし良かったら早めにお越しくださいね」とのお電話をいただきました。結局前の予定が押してしまい、お伺いできたのは予定通りの21時でしたが、おもてなしの気持ち、気にかけてくださったことがとても嬉しかったです。

こういうホスピタリティも、お店の印象を決める大きなポイント。実際、こちらのお電話をいただいて、お店への訪問が益々楽しみになりました。


いよいよ入店


なかむらは、六本木通りから一本入った道にあります。普段、よくご飯を食べに行く通り。ここになかむらがあるなんて全然気づかなかった。とてもシンプルな入口に、小さく、「なかむら」と書かれた表札があるだけ。店内は、約10席のカウンターのみです。シンプルで無駄のない、そしてキレイな空間。

なかむらは、六本木通りから一本入った道にあります

※目に入ったのは、お湯を沸かす鉄瓶とお茶を入れるための贅沢な空間。
 お寿司だけではなく、お茶まで手を抜かないところ、さすがです。


シャンパンで乾杯

まずは、シャンパンで乾杯しました。今日はお寿司を楽しみたいので、アルコールはここまで。


次ページ:コース料理を注文〜器へのこだわり〜