いまさら聞けない!?元国際線CAが教える日本酒のキソ知識 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

いまさら聞けない!?元国際線CAが教える日本酒のキソ知識 1/3

元国際線CAで現在は日本酒酒造メーカーに勤めているからこそ分かりやすくお伝えできる、日本酒の基礎知識。難しいことばや漢字ばかりの日本酒用語も、ベーシックなところを知れば、ちっとも難しくありません!これであなたも今日から日本酒通!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4055.jpg
いまさら聞けない!?元国際線CAが教える日本酒のキソ知識

日本酒ってムズカシイ??


機内ではファーストクラスはもちろん、エコノミークラスまで日本酒をサービスしています。

和食がユネスコ無形文化遺産に登録されたことで、日本酒も見直されてきていますよね。

2020年東京オリンピックに向けて、国内外からもますます注目されている日本酒。


でも、日本酒の種類は「本醸造・特別本醸造・吟醸・純米・特別純米・・・」と、こうして文字にすると、なんだかちんぷんかんぷん!

よくわからなーい!となってしまう方も多いのではないでしょうか。

お気持ちはよく分かります・・・が、違いは意外とわかりやすいんです!


いくつかのポイントさえ押さえれば、あなたも今日から日本酒通!

さあ、ラベルをよく見てみましょう!



  



ポイント1・原材料に注目!


上の『黒松白鹿 特別本醸造 山田錦』で見ると、原材料名は「米米こうじ醸造アルコール」となっていますよね。

醸造アルコールとは主にさとうきびなどの蒸留酒を加えることで、これによって味を整えることができます。

醸造アルコール=悪酔いの元凶!というイメージがありますが、そんなことは全くなく、反対に雑味が出るのを押さえてくれます。


本醸造酒”とつくお酒は酒蔵のメインストリームの味であることが多く、その酒蔵の味の軸を知ることができます。

気になる酒蔵ができたら、まずは“本醸造酒”から試してみるといいかもしれませんね!

ちなみに、「米・米こうじ」のみで造られているお酒は純米酒・純米吟醸など純米○○とつきます。


次のページ:精米歩合・生酒とは?