美味しく上品に!ハンバーガーをキレイに食べる3つのポイント | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

美味しく上品に!ハンバーガーをキレイに食べる3つのポイント 1/2

具材がボロボロこぼれてしまう、かぶりつく時の顔は見せたくない…そんなハンバーガーあるあるを解決!あごが外れるくらいハンバーガーを食べ研究したからこそ分かった、ハンバーガーをきれいに食べるポイントを伝授します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3982.jpg
美味しく上品に!ハンバーガーをキレイに食べる3つのポイント

あごが外れるくらいハンバーガーを食べて研究!キレイに食べる3つのポイントとは


「ハンバーガーは大好きだけど、ボロボロこぼれてしまって食べにくい」

「ハンバーガーにかぶりついている顔は見られたくない」

そんな女性は多いのではないでしょうか。


「ハンバーガーをきれいに食べるコツを知りたい!」という声はとてもよく耳にします。 

“キレイに食べる”とは、見た目だけの問題ではありません。料理そのものをより深く楽しむこと。そして、美味しさを丁寧に味わって食べることで、食べ物への感謝と食べるという行為そのものを味わうということ。そんな深い部分とも繋がっていると思います。


「食べる」というわたしたちにとって当たり前の行為は、当たり前だからこそ、その人の「考え方・ライフスタイル・心」までもが表れると言っても過言ではありません。

しかし、大人になればなるほど食事のマナーはなかなか指摘されづらいもの。だからこそ意識的に自ら食べ方を正さなければなりません。


私が代表を務めるeggcellentは、2015年7月22日、羽田空港第二国内線ターミナルに”かじる・かぶりつく/軽食”などの意味を持つ「BITES(バイツ)」をコンセプトに、オーガニック卵のハンバーガーレストラン「eggcellent BITES(エッグセレント・バイツ)」をオープンしました。”フライト前、そして一日、人生を豊かに楽しくする「翔ぶ力」をチャージする”がテーマのお店です。


忙しい人たちのためにクイックに元気とハッピーがチャージできるお店にするため、バンズの大きさや具材の量、味などには何度も何度も試行錯誤してこだわりました。アゴが外れるくらい何度も試作品のバーガーを食べたからこそわかった、「ハンバーガーをキレイに食べるポイント」を3つお教えします。


ハンバーガーをキレイに食べるポイント



point1 ハーフカットで ”ハンバーガーあるある” を解消!


 ハンバーガーを食べるときの定番のお悩みが「具とパンがズレてしまう」、「具が飛び出してボロボロ落ちてしまう」ということ。

「ハンバーガーだから仕方ない」とあきらめる前に試していただきたいことがあります。それがハーフカット!


大抵のハンバーガー屋さんだったら「半分に切ってください」と注文時にお願いするとカットしてくれます。

ハンバーガーを2等分することによって、従来の具材の崩れやすさや食べにくさもなくなり、かなり食べやすくなります。

具とパンがズレてしまったり、具だけだけ飛び出してしまうという”ハンバーガーあるある”も見事に解消されるはずです。


勇気を出して注文時に一言お願いしてみてはいかがでしょうか。


ハンバーガーあるある


次はハンバーガーにかぶりつく瞬間の、キレイに見える裏技をご紹介します。


次のページ:かぶりつく瞬間の顔を見られたくないときは「アレ」を活用!