CAの制服事情vol.1 ANAとJALの制服を徹底比較! | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

CAの制服事情vol.1 ANAとJALの制服を徹底比較! 1/2

ANAとJALの制服を徹底比較!CA(キャビンアテンダント/客室乗務員)の制服についての疑問に2回にわたってお答えいたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
159.jpg
CAの制服事情vol.1 ANAとJALの制服を徹底比較!

今月からANA(全日本空輸)の制服が10年ぶりに変更になり話題となっていますね。CA(キャビンアテンダント・客室乗務員)のシンボルとも言える制服ですが、その実情はベールに包まれている部分も。


そこで今回はCAの制服事情について大公開。制服はどうやって決まるの?きれいに着こなすポイントは?制服は何枚くらい支給されるの?クリーニングはどうしているの?そんなCAの制服にまつわる疑問に2回にわたってお答えいたします。


まず第1回目は制服のデザインについてのお話をお届けいたします。


ANAとJALを徹底比較!キャビンアテンダント(CA・客室乗務員)の制服デザイン


ANAとJALを徹底比較!キャビンアテンダント(CA・客室乗務員)の制服はどうやって決まるの?


CAのシンボルとも言える制服は、会社のイメージに直結するという点でも影響力抜群。その会社の大切にしている理念や伝えたいメッセージなどを表現するツールとしても非常に重要な存在です。


ここでは分かりやすくANAとJALの制服を比較してみましょう。


明るく親しみやすい印象のANA(全日本空輸)の新制服


この度2月にリニューアルしたANAの制服はテーマカラーであるブルーが印象的なデザイン。薄いブルーのシャツに,濃淡のブルーのラインが入り、デザインを引き締めています。また、ジャケットも薄い色調のグレーで、「あんしん、あったか、あかるく元気!」というANAの行動指針を表現するような、親しみやすい印象のデザインになっています。


デザイナーにはANA史上初となる海外のデザイナーを採用。ニューヨークの新進気鋭のデザイナー、プラバル・グルン氏がデザインを手掛けています。


プラバル・グルン氏のデザインする服はオバマ大統領夫人や英国キャサリン妃なども愛用すると言われ、今注目を集めているデザイナー。そんなプラバル・グルン氏がデザインを手掛けたANAの新制服は、明るく爽やかな印象の中にも独創的なデザイン性が感じられるデザインとなっています。


上品で清楚な印象のJALの制服