キャビンアテンダント(CA・客室乗務員)の周りは美の大敵ばかり! 2/2 | キャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト - CA Media

1000人以上のCAネットワークから情報を発信!
日本初のキャビンアテンダントがおすすめする総合情報サイト

CAライターになるには

RSS 2.0

キャビンアテンダント(CA・客室乗務員)の周りは美の大敵ばかり! 2/2

優雅に笑顔で働いているイメージの強いキャビンアテンダント(CA・客室乗務員)ですが、その裏側は過酷そのもの!キレイでいるのも仕事のうちなのに、むしろ美容の大敵に囲まれていると言っても過言ではないほどです。ここでは普段あまり知る機会のない、CAの裏の世界をお見せします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2.jpg
キャビンアテンダント(CA・客室乗務員)の周りは美の大敵ばかり!

機内もホテルも!常に乾燥した環境にいる


飛行機の中はとても乾燥しているのでお肌がバリバリになってしまったり喉が痛くなってしまった経験があると思います。それもそのはず。一般的に最適な湿度は60%程度と言われている中、機内の湿度は20%以下。約三分の一です。ホテルもそれに負けず劣らず乾燥していますよね。


キャビンアテンダント(CA・客室乗務員)はそんな機内で一日中働き、滞在先ではまた乾燥しているホテルに宿泊します。一日中乾燥にさらされている状態といえます。お肌にはもちろん、喉にとっても過酷な環境です。


時差&不規則な生活で生活リズムが乱れる


キャビンアテンダント(CA・客室乗務員)にとって昼夜逆転や徹夜は日常茶飯事です。国際線をフライトする場合はもちろん時差があり大変ですが、国内線の場合も早朝便の場合深夜3時に起床し、最終便の場合は帰宅が深夜1時頃になります。それに伴い食事の時間もばらばらです。

よく病院などで「決まった時間に食事と睡眠をとりましょう」「規則正しい生活をしましょう」と言われますが、CAは職業柄それができません。

不規則な生活だとどうしても自律神経やホルモンバランス、体調を崩してしまいやすくなるので、その分自己管理を工夫して健康体を保っているのです。